天気 天気ニュース

【台風19号】千葉県襲った記録的暴風が広範囲で吹き荒れる恐れ

こんにちは!
気象予報士・お天気キャスターの小林正寿です。

この記事では、連日お伝えしている台風19号の最新情報について解説します。
その台風19号、先日千葉県に大変な被害をもたらした台風15号並みの記録的な暴風が、もっと広範囲で吹き荒れる恐れがあります。
詳しく解説します。

台風19号 最強クラスの勢力で上陸のおそれ

台風19号は、9日(水)18時現在、依然として『大型』で『猛烈』な勢力を保っています。

サイズは大きいし、勢力のランクは一番上の『猛烈』ということで、大変危険な台風です。

12日(土)~13日(日)に、関東~近畿のどこかに『非常に強い』勢力で上陸すると考えられます。

『非常に強い』勢力での上陸は、過去に数例しかなく、最強クラスの台風といっていいでしょう。

中心気圧でいえば、先日千葉県に大変な被害をもたらした台風15号は960hPaで上陸しましたが、今回の台風19号もそれと同程度、もしくは、それ以上の勢力で上陸するおそれがあります。

 

そして、台風15号と違うのは、サイズが大きいこと。

 

つまり、最悪の場合、千葉県で吹き荒れたような記録的な暴風が、もっと広範囲で吹き荒れてしまう。

停電や断水、多くの倒木、交通機関の乱れなど、千葉県のような被害がもっと広い範囲に及ぶ恐れがあります。

金曜から大雨の所あり 土日は全国的に大荒れ

どこで、いつ、危険になるのか見ていきましょう。

台風の影響で一番最初に出始めて最後まで残るのは、波です。

波の影響が出始めた1~2日後には、陸地にも影響が出始め、雨や風が強まってきます。

特に、12日(土)~13日(日)は、全国の広い範囲で雨や風が強まり、大荒れの天気となることが予想されます。

しかも、かなり危険なレベルの荒れ模様です。

三連休ではありますが、早めの予定変更をお願いしたいですし、早めの備え、早めの避難も済ませていただきたいです。

台風は点でなく面~中心位置ばかり注目しないで~

9日(水)20時段階での雨・風の予想です。
段々とコンピュータの予想のバラつきは小さくなってきたものの、まだ多少は大雨や暴風の範囲や時間帯がずれることも考えられるので、現段階の予想として参考程度にご覧ください。

11日(金)午後には、関東や東海などに台風外側の活発な雨雲がかかり始めます。

12日(土)には、西日本~北日本の広い範囲で、大荒れの天気となってきます。

注意すべき点は、台風の中心が上陸する前から大荒れになることです。

ですので、台風の中心上陸という言葉だけに注目しないでください。

台風は点ではなく、面。広がりを持つものです。

正直なところ、今回のようにサイズが大きい台風は、『どこに上陸するか』はあまり重要ではありません。

どこで、いつ、危なくなるのかを注視すべきです。

サイズが大きい台風なので、危険な雨・風の範囲がなかなか抜けないんですね。

台風の中心にばかりとらわれてしまうと、大変なことになります。

そして、ご覧のように、外が暗い時間帯も大荒れの状況が続きます。

三連休ではありますが、不要な外出はもちろん控えていただきたいですし、なにより、明るい時間帯に早めに避難することが重要です。

 

千葉県のような大規模な停電や断水などの被害も考えられるため、事前にできることをしておくのも大事です。

台風への事前の備えについて、以前記事を書きましたので、ご参考になれば幸いです。

参考記事:台風への備え~接近前と接近時~

関連記事:【三連休直撃台風19号】全国的に『警報級の大雨・暴風』のおそれ

関連記事:【台風19号】三連休前半大荒れ~どこに進む?予報円の大きさの秘密を明かす~

関連記事:【台風19号発生】最高ランク『猛烈』な勢力に発達 三連休に影響も

-天気, 天気ニュース

Copyright© 小林正寿Official Site , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.