マイ天(毎日の天気予報) 天気

【2月17日(月)】西日本は平地でも積雪のおそれ

こんにちは!
気象予報士・お天気キャスターの小林正寿です。

17日(月)は、北日本だけでなく西日本でも雪が降り
平地でも雪が積もるおそれがあります。

寒気が西から流入〜西日本は平地でも雪レベル〜

17日(月)は、北日本を挟むように低気圧が2つ予想されています。

それも、かなり発達している状況。

天気はよろしくないだろうということがよくわかる天気図ですが、17日(月)は、この発達した低気圧に吸い込まれるように、西から寒気が流れ込みます。

天気図に寒気を重ねてみると、こんな感じ。

上空1500メートル付近で0℃以下というのは、山で雪が降る目安、-6℃以下とおいのは平地でも雪が降る目安の寒気です。

つまり、日本付近は山で降るものがあれば、どこでも雪になってもおかしくないです。

そして西日本は-6℃以下の寒気が流れ込みますので、平地でも雪が降りそうです。

では、いつ、どこで、どのくらい降るのか、見ていきましょう。

西日本 山地は大雪・平地も積雪のおそれ

予報を見ると、関東や東海は朝まで雨の残る所がありますが、日中は晴れ間が出ます。

晴れたり曇ったりの天気です。

そのほかは、ご覧のように広い範囲で天気が崩れます。

注目すべきは、西日本にも多くついている雪マークですよね。

 

 

【朝】

北海道は各地で雪が降りやすいです。

猛ふぶきや大雪に、道東も含め警戒が必要です。

西日本は、日本海側中心に雨や雪です。

 

 

【昼】

北海道の雪の範囲は、次第に狭くなります。

西日本の雨や雪は、山陰や四国瀬戸内側、九州北部が中心。

 

 

【夜】

西日本は雪の範囲が広がります。

特に九州北部や四国瀬戸内側は、平地でも時間とともに雨より雪の可能性が高くなります。

寒気がどんどん流れ込んでくるためです。

北陸〜東北日本海側も、午後以降は急に雪が強まったり、落雷、突風、ひょうなどのおそれがあります。

雪の降る量は、以下のような予想です。

 

 

火曜日にかけて、西日本や北陸の山地を中心に大雪に警戒が必要です。

 

また、雪に不慣れな西日本の平地でも、18日(火)にかけて数センチ積もるおそれがあります。

数センチ積もると、路面が凍結してスリップ事故や転倒事故のおそれがあったり、交通機関が乱れることも考えられるため、注意が必要です。

 

参考記事:雪道を歩くときのコツ~ポイントはカニとペンギン!?~

 

※18日(火)は、大阪や京都、奈良などでも雪の可能性あり。

 

西は気温急降下〜風もビュービュー〜

気温は、朝・日中ともに、西日本や北陸で16日(日)より大幅に低くなります。

西から寒気が流れ込んでくるというのが、よくわかりますね。

風もビュービュー吹くため、雨や雪の降る地域では、この数字の見た目以上に寒く、極寒となりそうです。

沖縄の那覇も最高気温15℃、沖縄の方にとってはかなり寒いですよね。

皆さん、ダウンコート、手袋、マフラー、カイロなど、しっかり防寒なさってくださいね。

一方、寒気の流れ込みが一番遅い関東や東北太平洋側は暖かいです。

東京は18℃まで上がり、ポカポカです。

脱ぎ着のしやすい服装で、お出かけくださいね!

今週後半は春へ前進

寒いのは今週前半で終わり。

今週後半はグングン気温が上がっていき、春に向かって前進していきそうです。

花粉症の方にとっては、気温が上がる今週後半、おそろしいですよね。

お互い万全に対策しましょう。

-マイ天(毎日の天気予報), 天気

Copyright© 小林正寿Official Site , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.