マイ天(毎日の天気予報) 天気

【18日(火)】雪と風冷えに要注意

こんにちは!
気象予報士・お天気キャスターの小林正寿です。

18日(火)は、日本海側を中心に大雪となること、全国的に冷たい西〜北風が強く吹くのがポイントです。

西日本から見ると冬型

18日(火)午前9時の予想天気図を見ると、津軽海峡のあたりに発達した低気圧が予想されていて、中国南部の華南のあたりには高気圧が位置しています。

西日本の方からすると、西に高気圧、東に低気圧の西高東低の気圧配置とっていまして、雪の降りやすいパターンとなっています。

17日(月)は九州のあちこちから、初雪の便りが届きました。

等圧線の本数も多く、全国的に風が強まりそうだということがわかります。

その風にのって寒気も流れ込んでいて、17日(月)は暖かかった関東なども含めて、すっぽりと寒気に覆われる予想です。

850hPa-6℃以下の寒気というのは、降るものがあれば平地でも雪になる目安の寒気です。

では、実際にどこで行きがふるのか、見ていきたいと思います。

不慣れな地域で積雪も

【朝】

日本海側は広く雪で、山陰では風のぶつかり合いにより強化された雪雲がかかるので、雪の降り方が強まったり、落雷や突風、ひょうのおそれもあります。

また、大阪や奈良、京都、滋賀など近畿中部や三重県北中部でも雪が降って、数センチ程度積もる所もありそうです。

雪にあまり慣れていない地域だと思いますので、早めに起きて情報を確認していただき、慌てずに通勤・通学していただいたほうがいいと思います。

慌ててケガをしないように。

【昼】

引き続き日本海側は雪で、上空の強い寒気の影響で、急に雪の降り方が強まることもも考えられます。

【夜】

夜にかけても、積雪が増えそうです。

さらに冷たい北風が全国的に強いです。

特に雪の降る地域では、ふぶいて見通しが悪くなることも考えられるため、車を運転される際には無理しないようにしてください。

関東はおおむね晴れます。

九州や四国など西日本太平洋側も、午後は晴れてくる所が多いでしょう。

風冷えの一日に

寒気の流れ込みにより、朝の冷え込みは強まります。

最低気温は、北海道を除けば、17日(月)より大幅に気温が下がる所が多いです。

日中の最高気温も、すでに強い寒気が流れ込んでいた西日本は17日(月)と同じくらいですが、ググッと寒気が入ってくる東日本と北日本は、大幅に低くなります。

さらにこれに冷たい北風が加わるので、風冷えの一日となりそうです。

マフラー、手袋などを使って、首、手首、足首の3つの首をしっかり暖めましょう。

19日(水)に落ち着いた天気に

19日(水)には、天気は落ち着いてきます。

雪の範囲は狭くなり、風も弱まるでしょう。

次に広く天気が崩れるのは、22日(土)の見込みです。

気温も徐々に上向いてくるでしょう。

-マイ天(毎日の天気予報), 天気

Copyright© 小林正寿Official Site , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.