天気 天気ニュース

センター試験初日は関東で積雪のおそれも~路面凍結注意~

こんにちは!
気象予報士・お天気キャスターの小林正寿です。

この記事では、18日(土)にかけて予想される、関東の雪について解説します。
センター試験初日で、ニュースなどを見て心配されている方も多いと思うので。

南岸低気圧が雪と寒さをもたらす

関東地方に雪を降らせるのは、関東の南の岸に沿って東に進む低気圧、いわゆる『南岸低気圧』です。

南岸低気圧は、関東地方に大雪をもたらす典型的な低気圧です。

この南岸低気圧が関東に近づくと、天気を崩し、また、北風を吹かせるので冷たい空気を北から引っ張り込みます。

その結果、気温が下がり、雪が降りやすくなるというわけです。

気温の低い夜間に雪の範囲広がる

雪が降る原因は、南岸低気圧がやってきて天気を崩し、北風により冷たい空気が流入することで気温が低下するためとご説明しました。

そして、もうひとつ、雪が降りやすくなる原因を付け加えるとするならば、降る時間が気温の低い夜間であるということです。

きょう17日(金)午後9時の時点では、まだ雨や雪の範囲は広くありません。

神奈川県西部の一部で降り始めるくらい。

日付が変わってあす18日(土)午前3時には、南部の広い範囲で天気が崩れ、内陸では雪となります。

山だけでなく、八王子や相模原でも雪となる見込みです。

18日(土)朝、センター試験の受験生が会場に向かう時間帯ですが、関東南部の内陸では引き続き雪が降っている予想です。

18日(土)のお昼頃には、雪や雨のやんでいる所が多そうです。

 

気になるのは、積もってしまかどうかだと思いますが、雪の降る量としては神奈川県の山地で10センチ、東京の多摩や神奈川県西部の平地、埼玉県で3~5センチ、東京23区と神奈川県東部で1センチの予想です。

つまり、内陸の地域で降雪量が多い予想でして、降る雪すべてが積もらないとしても数センチの積雪は見込まれます。

朝は路面が凍結している可能性があるため、転倒やスリップ事故などに注意が必要です。

また、関東では数センチの積雪でも交通機関が乱れる可能性があるため、要注意です。

東京都心は積雪の可能性は低いですが、予想よりも気温が低下したり、降雪量が多くなるとうっすら積もることも考えられます。

関東の雪の予想は非常に難しく、非常にデリケートなもの。

0.5℃気温が下がっただけでも、雪の範囲がだいぶ広がったりもしますし、当日にならないとわからないこともたくさんあります。

センター試験の受験生や、予定のある方は、早めに起きて気象情報や交通情報をチェックしたほうがよさそうです。

参考記事:雪道を歩くときのコツ~ポイントはカニとペンギン!?~

冷たい北風

雪に加えて注意が必要なのが、北風による寒さです。

例として、東京都心の時間ごとの天気、気温、風の予想を見てみると、雪や雨は朝のうちにやみそうですが、北風の強い状態は夕方頃にかけて続く見込みです。

関東各地、気温が低いうえに北風が強いため、手がかじかまないようにカイロや手袋は必須です。

センター試験のときに寒さで手が動かなかったら大変ですので、防寒はしっかりと。

また、帰りも寒いので、センター試験2日目も万全な体調で受けられるように、風邪をひかないようしっかり暖かい服装でお出かけくださいね。

陰ながら、受験生の皆さんを応援しています!

-天気, 天気ニュース

Copyright© 小林正寿Official Site , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.