天気 天気ニュース

【大晦日】まるでジェットコースター?!~最低・最高気温の数字だけではわからない気温変化~

こんにちは!
気象予報士・お天気キャスターの小林正寿です。

大晦日は、最低気温と最高気温の数字だけをチェックして出かけてしまうと、かなり危険です。服装選びに大失敗してしまいます。。
この記事を読んでいただければ、大晦日、後悔しないと思います。
詳しく解説します。

強い冬型でドドッと寒気流入

先に更新した、年越しは大荒れに~交通機関の乱れも~に書いたように、大晦日から元日は全国的に強い北風が吹き荒れ、日本海側や北日本では、猛ふぶきや大雪に警戒が必要です。

その原因は、強い冬型の気圧配置になること。

強い冬型になり、北風が吹き荒れることにより、ロシア方面から寒気を引っ張りこむことになります。

以下、上空1500メートル付近の寒気ですが、時間とともに、寒気が日本をすっぽりと覆ってくる様子がわかります。

時間とともに寒気が流れ込んでくるということは、朝よりも昼、昼よりも夜の方が寒くなるという所があるなど、『ふつうの一日の気温変化』ではなくなりますので、注意が必要です。

これが、最初にお話しした、『最低気温と最高気温の数字だけをチェックして出かけてしまうと、かなり危険』と言った理由です。

気温急降下~数字にだまされないで!~

大晦日の予想最低気温と最高気温はこんな感じ。

大まかに分けて、最高気温と最低気温の数字が同じくらいの所と、最高気温と最低気温の差が大きい所があります。

 

これだけを見ると、一日中同じくらいの気温なんだ~とか、一日の気温差が大きいんだ~、などとお感じの方が多いと思います。

 

ただ、ここで要注意なのが、これだけでは『夜の気温』がわからないということです。

 

最低気温は朝までの最低気温、最高気温は日中までの最高気温であるためです。

 

先にお話ししたように、大晦日は寒気が時間とともにドドッと流れ込んでくるため、時間とともに寒くなる所が多くなります。

 

以下、グラフの線は、気温の変化です。

大晦日の未明~朝が一番気温が高くて、その後は、まるでジェットコースターのように気温が急降下することがわかります。

 

例えば、札幌は最低気温2℃の予想ですが、これは朝までの最低気温。

夜になるとあっという間に-7℃以下まで下がってしまいます。

 

最低気温・最高気温の数字を見ただけでは、服装選びなど大失敗してしまいますよね。

 

 

 

 

  

 

次に、一見暖かくなりそうな地域に注目してみましょう。

東京の最高気温は18℃、仙台の最高気温は14℃の予想です。

 

これは、寒気が西から流れ込むことにより、太平洋側の仙台や東京など東日本・北日本の太平洋側は寒気の流れ込むタイミングが遅いためです。

 

なので、日中は、日差しの力で気温がグッと上がります。

しかし、下のグラフを見てください。

気温が上がるのはほんの一瞬。

その後は、やはり、ジェットコースターのようにあっという間に気温が下がってしまいます。

暖かそうな最高気温の数字にだまされてはいけません。

 

 

 

31日(火)の大晦日はネットでマークや気温の数字だけを確認しただけでは、服装選びに失敗してしまうパターンの日です。

 

テレビで気象予報士が解説する天気予報を見る意味とは、まさにこういう日の解説を聞けるからだと思っています。

 

マークや数字ではわからない部分を解説するのが、気象予報士の役目です。

 

それを短時間で端的に解説する。

 

いつも心がけていることです。

 

年末年始はZIP!でお伝え出来ないので、こちらでお伝えしました。
少しでも多くの方に情報が伝われば幸いです。

そして、来年も僕の解説が少しでも多くの方に届けば嬉しいです。

それではよいお年を!

 

関連記事:年越しは大荒れに~交通機関の乱れも~

関連記事:初日の出~雲邪魔し日の出遅れる?持ち物は?~

 

-天気, 天気ニュース

Copyright© 小林正寿Official Site , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.