マイ天(毎日の天気予報) 天気

【17日(火)】朝は真冬の冷え込み〜一日の寒暖差大〜

こんにちは!
気象予報士・お天気キャスターの小林正寿です。

16日(月)は、全国的に風が強まりましたよね。日本海側では大雪になったり、太平洋側も、あちこちで急に雷雨になるなど落ち着かない天気となりました。

ただ、17日(火)は、関東から西では落ち着きを取り戻し、穏やかに晴れそうです。そうなると注意が必要なのが、一日の寒暖差です。
詳しく解説します。

高気圧に覆われ穏やかに

17日(火)は、月曜日に強い風をもたらした低気圧は日本の東の海上に離れ、日本付近は南から緩やかに高気圧に覆われるす。

このため、風が弱まり、穏やかに晴れる所が多いでしょう。

ただ、日本海の低気圧が次第に近づく北陸や北日本では、日本海側を中心に雨や雪の範囲が広がりそうです。

北陸から北は雷雨も

17日(火)の天気をマークで見ると、関東から西は広い範囲で穏やかに晴れます。

一方、北陸や東北日本海側は雨や雪のマーク。

北海道や東北太平洋側も、降水確率が30〜40%と高めで、天気が崩れる可能性があります。

詳しく時間ごとに見ていきましょう。

 

【朝】

関東から西は広い範囲で晴れます。

北陸から北の日本海側も、天気が崩れている所は少ない予想です。

 

 

【昼】

新潟県や東北日本海側では、雨や雪が降り出してきそうです。

関東から西では引き続き晴れるため、スギ花粉が大量飛散する見込み。

 

 

【夜】

北陸から北の日本海側は、広い範囲で雨や雪です。

降り方が急に強まるおそれがありますし、落雷や突風にも要注意です。

東北太平洋側も、雨や雪の降る所があるでしょう。

 

朝は関東から西で真冬の冷え込み

朝は、関東から西で真冬のような冷え込みです。

寒がりの方は、ダウンコートが必要なくらいの寒さです。

 

日中の最高気温は、月曜日より大幅に高くなる所が多そうです。

風も弱まり、関東から西ではよく晴れるため日差しポカポカといった体感ですね。

春物のジャケットやスプリングコートなどで過ごせそうです。

ということで、17日(火)は一日の寒暖差が大きいので、調節しやすい服装がオススメです。

ダウンコートを脱いで持つのが面倒だという方は、朝からダウンコートを着るのはやめて、マフラー等邪魔にならないもので寒さ対策しましょう。

 

春本番の陽気続きさくら開花ラッシュに

18日(水)以降は、春本番の陽気が続きます。

東京は19日(木)〜21日(土)まで最高気温20℃の予想。

関東から西の地域では、さくら開花ラッシュとなりそうです。

雪の多い地域では、なだれや雪どけによる河川の増水に注意が必要です。

19日(木)〜20日(金)頃は、全国的に雨や風が強まり、荒れた天気となる恐れがあるため、天気予報をこまめにご確認ください。

 

-マイ天(毎日の天気予報), 天気

Copyright© 小林正寿Official Site , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.