マイ天(毎日の天気予報) 天気

【16日(日)】危険な暑さ続く 40℃超えの所があってもおかしくない

こんにちは!
気象予報士・お天気キャスターの小林正寿です。

毎日、私小林の予報をお伝えする『マイ天』!
16日(日)のマイ天はコチラ!

ポイント

・広い範囲で夏空広がる。東北と北陸は晴れ間の出る時間もありそうだが雲多め。

・東・西日本中心に天気急変注意。午後は急に激しい雷雨となるおそれあり。関東の都市部でも道路冠水や落雷など注意。

・危険な暑さ続く。東海中心に40℃超えも。落雷による停電のおそれも考えられるため、水分や冷却マフラー、手持ち扇風機など熱中症対策グッズを身の回りに準備しておいて。

そして、今回のマイ天ポイントは、『危険な暑さ続く』です。

【マイ天ポイント】危険な暑さ続く

きょう15日(土)も全国的の広い範囲で、命に危険が及ぶ危険な暑さとなりました。

全国で最も気温が上がったのは、高知県中村、静岡県浜松、静岡県天竜の39.7℃。

もう、外出してはいけないというか、そこに住んでいる人からすれば、外出したくない暑さでしょうね。

 

あす16日(日)も危険な暑さが続きます。

東北以南では広く30℃以上の真夏日となります。北海道も道東中心に30℃超えの所があるでしょう。

そして、東日本と西日本は太平洋側を中心に35℃以上の猛暑日の所が続出しそうです。

全国で最も気温が高くなりそうなのが静岡県や岐阜県、三重県など東海地方、それから、京都府や高知県。

上記地域では、40℃を超える所があってもおかしくないと思っています。

気温だけでなく、湿度など熱中症に関わる各要素も含めて熱中症の危険度を判断したもの(暑さ指数)が以下の熱中症警戒レベルです。

東日本と西日本は一番上のランク、『極めて危険』の所が多いです。

つまり、命に危険が及ぶ暑さであることを意味し、昼間の外出や運動を控えるべきレベルの暑さです。

しっかりと熱中症対策をしていないと、屋内でも熱中症になってしまうレベルの危険な暑さとなる所が多いです。
お互い体調を気遣う声かけをして、熱中症にならないように気をつけましょう。

今年は残暑が長引く予想です。お盆を過ぎても暑さへの備えは必要となりそうです。

-マイ天(毎日の天気予報), 天気

Copyright© 小林正寿Official Site , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.