マイ天(毎日の天気予報) 天気

【17日(月)】命に関わる危険な暑さ続く お盆休み明けも熱中症対策しっかりと

こんにちは!
気象予報士・お天気キャスターの小林正寿です。

毎日、私小林の予報をお伝えする『マイ天』!
17日(月)のマイ天はコチラ!

ポイント

・東北・北陸は雲が多く、激しく降る所も。特に朝は、山形県、秋田県、宮城県西部にまとまった雨雲かかる。土砂災害、浸水、河川の増水など注意。

・北海道と関東から西では強い日差しが照りつける。関東は内陸・山沿いの地域を中心に夕立の可能性あり。

・命に関わる危険な暑さ続く。関東から西は35℃以上の猛暑日続出。40℃超える暑さのおそれも。東北・北海道も30℃以上の真夏日の所あり。お盆休み明けで外に出る方も多い。万全の熱中症対策を。

そして、今回のマイ天ポイントは、『お盆過ぎても終わらぬ危険な暑さ』です。

【マイ天ポイント】お盆過ぎても終わらぬ危険な暑さ

きょう16日(日)も、外にでては行けない、というか、出たくない暑さの所が多くなりました。

最高気温を振り返ると、全国でも最も気温が高くなったのは静岡県天竜で40.9℃。

日本の暑さの記録が埼玉県熊谷の41.1℃ですので、日本記録に迫る暑さとなりました。

みなさん、熱中症になっていないでしょうか?夏バテは大丈夫でしょうか?

 

あす17日(月)も、関東から西の地域では35℃以上の猛暑日となる所が続出しそうです。

紫色の表示の所が35℃以上の猛暑日が予想される所ですが、あす17日(月)も、関東から西では40℃に迫る暑さ、ことによるとあすも40℃を超える所があるかもしれません。

東北や北海道も、30℃以上の真夏日という所があり、まだまだ厳しい暑さが続きそうです。

 

お盆を過ぎてくると、少しずつ秋の気配がただよってくるという年もあるのですが、今年はまだまだ夏です。

というか、夏真っ盛りな状況が続きます

関東から西では35℃以上の猛暑日が続く所が多そうですし、最低気温に注目すると25℃以上ということで熱帯夜も続きそうです。

まとまった雨が降らないということもあり、熱がどんどん蓄積されていってしまうんです。

わたしたちの体も、暑さによりどんどん疲れが蓄積していき、熱中症になりやすい体になっていきます。

これまで熱中症や夏バテになっていないかたも、油断しないようにしてください。

あす17日(月)から学校が始まる所もあると聞いています。
夏休みの目的のひとつが、暑い時期に登校を避けること。
ただ、今年はコロナの影響もあり、学校スタートの時期が早まっている地域も多いようです。
学校の先生の皆さん、いつも以上にこどもたちの様子を注視するようになさってください。そして、生徒の皆さんも、いつも以上に意識して水分・塩分をとるようにしてくださいね!

-マイ天(毎日の天気予報), 天気

Copyright© 小林正寿Official Site , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.