マイ天(毎日の天気予報) 天気

【15日(日)】天気の急変に注意

こんにちは!
気象予報士・お天気キャスターの小林正寿です。

強い寒気隠し持つ低気圧

15日(日)夜9時の予想天気図を見ると、日本海に低気圧が存在。

低気圧は天気を崩すものですが、夜の時点でも陸地から比較的離れた所にありますので、あんまり影響ないんじゃない?と思う方も多いでしょう。

でも、この低気圧、ちょっと厄介なんです。

この地上の天気図を見ただけではわからない、『上空の寒気』を隠し持っているんです。

 

 

上空の寒気の予想を見ると、こんな感じ。

日本付近は上空5500メートル付近の寒気にすっぽりと覆われる予想です。

そう、あの低気圧の見た目以上に、日本に影響を及ぼす範囲が広いんです。

 

上空5500メートルと、かなり高い所に寒気が入るときというのは、雷雲が急にわきたつことがあり、天気の急変に注意が必要なんです。

イメージ的には、夏の夕立みたいな感じです。

晴れていたのに、急に黒い雲が近づいてきて、雷雨になる。

15日(日)は、急な雷雨に注意が必要です。

急な雷雨注意〜夜は西日本で雪強まる〜

15日(日)の天気をマークで確認すると、日本海側は雨や雪のマークが付いていますが、太平洋側は広く晴れマークが付いています。

ただ、降水確率に注目すると、仙台、東京、名古屋、大阪、広島など、20〜40%。

雨が絶対に降らないと言い切れる天気ではなく、にわか雨や雷雨となる可能性があることがわかります。

時間ごとに詳しく見ていきましょう。

 

 

【午前中】

晴れる所が多いです。

 

【夕方】

山陰や近畿北部、北陸で雨や雪となります。

近畿、山陽など、西日本太平洋側も、一部にわか雨の可能性ありです。

 

【夜】

上空の寒気の影響で、各地で天気が急変し、雨や雪が降り出しそうです。

関東など太平洋側の地域は、短い時間にザーッと降るイメージ。

日本海側は時間とともに雨や雪の範囲が広がるイメージです。

西日本日本海側の山沿いは、夜以降、雪の降り方が強まるおそれがあります。

 

そして、天気が急変し雷雨となる恐れがあると言いましたが、雷の鳴る確率は以下のような感じ。

西日本日本海側や北陸を中心に確率が高め。

太平洋側もあちこちで雷が鳴る可能性があります。

落雷や竜巻などの激しい突風、ひょうにご注意ください。

 

記事:雷雲が近づくサイン3つ

記事:雷雲接近時 危険な行動3つ

記事:雷雲接近時 取るべき3行動

 

 

 

関東 真冬の寒さ解消し日差し暖か

15日(日)日中の最高気温は、土曜日より高くなる所が多いでしょう。

特に土曜日に真冬のような寒さに戻ってしまった関東、ほっとできる気温になります。

東京は5℃高い12℃。

冬物コートは必要ですが、昼間は日差しが暖かく感じるでしょう。

 

月曜日は大雪注意〜太平洋側も積雪の所あり〜

16日(月)は、日本海側は広い範囲で雪となり、大雪となる所もありそうです。

東北太平洋側や雪に不慣れな西日本太平洋側も、雪雲が流れ込み、山沿い・内陸を中心に雪の積もる所があるでしょう。

路面の凍結に注意が必要です。

18日(水)以降は、グーンと気温が上がり、春本番の暖かになりそうです。

-マイ天(毎日の天気予報), 天気

Copyright© 小林正寿Official Site , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.