マイ天(毎日の天気予報) 天気

【14日(土)】関東 予想最高気温に騙されないで!〜昼間はもっと寒くなります〜

こんにちは!
気象予報士・お天気キャスターの小林正寿です。

14日(土)は、関東から西の地域を中心に天気が崩れます。そして、関東は真冬の格好をしてもブルブルと震えてしまうような寒さに。

東京の予想最高気温は8℃!!
ん??そんなに寒くないじゃん、と思った方。
騙されないでください。この予想最高気温にはからくりがあります。実際、昼間はもっと寒いです。
詳しく解説します。

低気圧が雨と寒さを呼ぶ

14日(土)は、前線を伴う低気圧が西日本から東日本のすぐ南の海上を、東に進みます。

午前9時の時点で低気圧は近畿沖付近なので、日中以降の雨の範囲は近畿〜関東付近がメインとなりそうです。

 

14日(土)は、特に関東で寒くなり、真冬の服装が必要な寒さになります。

その原因は、低気圧に向かう北風。

関東の北東側の海から、北風により寒さをもたらす空気の流れ込みが続くんです。

関東の北東側は寒流域ですので、その海の上の空気の流れ込みが続けば寒くなってしまうわけですよね。

 

東・西日本中心に雨

14日(土)の予報をマークで見ると、全国的にスッキリしない感じがわかると思います。

降水確率からわかりますように、西日本は午前中の方が雨の降りやすい所が多く、関東は長い時間降りやすい感じ。

北日本もにわか雪・雨の所がありそうです。

詳しく時間ごとに見ていきましょう。

 

【朝】

関東から近畿、山陰は広い範囲で雨です。

内陸・山沿いは湿った雪となりそうです。

 

【昼】

九州は晴れます。

近畿や東海は、次第に雨の範囲が狭くなってくる見込みです。

関東は、お昼頃が一番雨の降り方が強いです。

大雨にはならないですが、傘を差していても濡れてしまうような本降りです。

【夜】

低気圧が日本の東海上に離れていくこともあり、雨の範囲は狭くなります。

ただ、上空に流れ込む強い寒気の影響で、あちこちで雷雨となる恐れがあります。

短い時間にザーッと雨の降り方が強まったり、落雷、突風のおそれがあったりと、要注意です。

 

関東はダウンコート着てもブルブル

14日(土)は、一日の寒暖差が比較的小さいです。

寒暖差が小さいということは服装選びが楽なのですが、裏を返せば、昼間に気温が上がらないということ。

特に関東の方、極寒です。。

その関東の予想最高気温、東京を代表してみると8℃。

暖かかった金曜日に比べて、11℃も低くなります。

ただ、この予想最高気温8℃に騙されないでください。

実は、この8℃は午前中の早い時間に出てしまい、昼間はどんどん気温が下がっていきます。

先に申し上げた北風の影響です。

 

東京の時間ごとの気温と天気の変化を見ると、午後3時ころには5℃を下回る可能性があります。

関東平野部にお住いの方からしたら、ダウンコートにマフラー、手袋をしても、ブルブル震えてしまうような寒さです。

今週暖かい日が続いたぶん、ますます寒く感じるでしょう。

家にこもるのが一番、、ですね。

そんな自分は予定があり、日中でも氷点下の可能性がある地域に行ってきます。

お互い、体調を崩さないように気をつけましょう。

日曜 天気の急変注意

15日(日)は、天気の急変に注意が必要です。

夏の夕立のように、晴れていても急にあちこちで雷雨となるおそれがあります。

大雷雨となるおそれもありますので、雷の音が聞こえたり、雷光が見えたらもちろん、真っ黒い雲が現れたら、安全な建物の中に避難するようにお願いします。

 

記事:雷雲が近づくサイン3つ

記事:雷雲接近時 危険な行動3つ

記事:雷雲接近時 取るべき3行動

 

来週は、水曜日頃から再び暖かくなりますよー。

 

-マイ天(毎日の天気予報), 天気

Copyright© 小林正寿Official Site , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.