マイ天(毎日の天気予報) 天気

【16日(木)】北陸・東北は夜間大雨のおそれ〜土砂災害警戒〜

こんにちは!
気象予報士・お天気キャスターの小林正寿です。

毎日、私小林の予報をお伝えする『マイ天』。
16日(木)のマイ天はコチラ!

ポイント

・北陸・東北は、木曜早朝にかけて大雨のおそれ。夜間に土砂災害発生のおそれも。落雷にも注意。

・北海道、関東甲信・東海・西日本は、午後以降、内陸・山沿いの所々でにわか雨・雷雨の可能性あり。

・鹿児島など九州南部は雨の一日。これまでの大雨で地盤緩んでいる。安全な場所で過ごして。

・沖縄・奄美は、雨が激しく降る時間あり。

・名古屋、大阪など真夏日予想。熱中症警戒。

そして、今回のマイ天ポイントは、『東北・北陸は夜間の大雨警戒』です。

【マイ天ポイント】東北・北陸は夜間の大雨警戒

北陸地方では、これまでの大雨の影響で地盤の緩んでいる所があります。

水曜18時までの24時間雨量は、福井県南越前町今庄で80ミリを超えており、そのほかの所も黄色い表示といことで50ミリ超えの所が多くなっています。

 

地面にしみこんでいる雨水も多くなっており、石川県を中心に土砂災害の危険度が警戒レベルにまで上がっている所があります。

このような状況ななか、夜間に北陸や東北で大雨が予想されているため、土砂災害に一層気をつけなければなりません。

 

北陸と東北は広い範囲で雨が降り、特に山形県では活発な雨雲がかかり続ける所が出てきそうです。

市町村名でいうと、鶴岡〜村山〜尾花沢のあたり。

 

木曜18時までの24時間に予想される雨量は、多い所で、東北日本海側60ミリ、東北太平洋側50ミリ、新潟県80ミリ、富山県60ミリ、石川県60ミリ、福井県30ミリの見込みです。

ただ、予想以上に活発な雨雲がかかり続けてしまうおそれもあり、そうなるとこの雨量よりも多く降ってしまう可能性があります。

 

先週・今週の東海や西日本の雨量と比べるとかなり少なく見えるかもしれませんが、油断できません。

東北や北陸は、東海や西日本に比べて大雨頻度が少ない地域なので、このくらいの雨量でも災害に対して警戒が必要なのです。

 

下の画像は、木曜18時までの24時間雨量が、平年7月1か月分の雨量に対してどのくらいの割合を占めるかというものです。

これを見ると、山形県鶴岡市のあたりは赤くなっています。これは100%以上、つまり7月1か月分の雨量以上の雨が降ってしまうおそれがあることを意味します。

実質、雨が降るのは木曜朝までなので、夜間だけで平年7月1か月分の雨量が降ってしまうというわけなのです。

もちろん、山形県だけでなく、これまでの大雨で地盤の緩んでいる北陸なども警戒が必要です。

夜間の土砂災害で被災される方は本当に多いです。
崖の近くにお住まいの方は、避難が可能なら安全な場所に移動して下さい。ご高齢で一人での移動が困難だという場合は、できるだけ崖から離れた部屋でお休みいただくようお願いいたします。
ご家族に電話したり、ご近所でお互い声を掛け合うことも重要です。
みんなで命を守りましょう。

-マイ天(毎日の天気予報), 天気

Copyright© 小林正寿Official Site , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.