マイ天(毎日の天気予報) 天気

【12日(木)】穏やかに〜朝の気温大幅ダウン〜

こんにちは!
気象予報士・お天気キャスターの小林正寿です。

12日(木)は、日本海側の雨や雪も次第にやみ、穏やかな天気になる所が多いでしょう。
ただ、朝は水曜朝と比べると、かなりヒンヤリします。
詳しく解説します。

冬型緩む

12日(木)は、西日本から東日本付近に高気圧が移動してきます。

冬型の気圧配置が緩むため、日本海側の雨や雪もやむ所が多いでしょう。

また、等圧線の間隔もだいぶ開くので、風が弱まる所が多いです。

ただ、北日本はどちらかというと等圧線の間隔が狭いので、海沿い中心にやや風が強く吹く見込みです。

日本海側も回復 広い範囲で晴れ

関東から西は、晴れマークひとつ。

各地とも文句なしの青空が広がります。

花粉症の方は、引き続き辛い一日になりそう。

新潟や札幌など日本海側は雨や雪のマークが付いていますが、日中はやんできそうです。

時間ごとに詳しく見ていきましょう。

【朝】

新潟県や東北日本海側は、雪の降る所があるでしょう。

関東から西や、北日本太平洋側は、広い範囲で晴れる予想です。

【昼】

日本海側の雪も収まり、全国の広い範囲で晴れるでしょう。

ただ沖縄は曇り空で、夕方以降はにわか雨の可能性があります。

【夜】

北海道の日本海側は、西からやってくる雪雲がかかる可能性があります。

落雷にも要注意です。

暖かすぎた水曜朝と比べ大幅ダウン

朝の最低気温は、暖かすぎた水曜朝と比べると全国的に大幅に低くなります。

原因は放射冷却の強まりと寒気の流れ込みです。

これで各地平年並みか4月上旬並み。

水曜朝がかなり暖かかったぶん、平年並みの気温でも寒く感じてしまうかもしれませんね。

関東から西の方はダウンコートまではいかなくても、冬物のコートを着て出かけた方が安心な気温です。

記事:放射冷却のメカニズム~実は身のまわりでも起こっています!~

日中の最高気温は、水曜日に今年初めて20℃を超えた東京で大幅ダウン。

とはいえ、16℃と4月上旬並みの暖かさです。

北日本も3月下旬並みの暖かさの所が多いです。※風はあるので服装注意。

雪どけが進みますので、河川の増水やなだれなどにご注意ください。

さくら開花カウントダウン

13日(金)は、全国的に天気が崩れます。

北海道や東北北部は、ずっと降るわけではないですが、急に雨や雪の降り方が強まったり、雷の鳴るおそれがあります。

西日本も九州南部や四国で雨の予想ですが、雨の範囲が広がる可能性も狭くなる可能性もあるため、天気予報はこまめにご確認ください。

土日はやや寒の戻りとなりますが、東京は13日(金)に19℃。

さくら開花も、いよいよカウントダウンとなりそうです。

東京、土日までには咲きそうだなぁ。

※さくらの開花は、標本木の桜の花が5、6輪開いたのを気象庁の方が確認したら、開花となります。

-マイ天(毎日の天気予報), 天気

Copyright© 小林正寿Official Site , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.