マイ天(毎日の天気予報) 天気

【5日(日)】北陸から北は雨や雪の急な強まり・落雷・突風・ひょうに注意

こんにちは!
気象予報士・お天気キャスターの小林正寿です。

5日(日)のポイントはコチラ!

ポイント

・北日本と北陸は雪や雨の急な強まり、落雷、竜巻などの激しい突風、ひょうに注意。

・関東から西の太平洋側は晴れ。

・最高気温は土曜より大幅に低くなる。風も冷たい。

詳しく解説します。

上空に真冬並みの寒気伴う低気圧

5日(日)午前9時の予想天気図を見ると、北日本の西の海上、日本海には、動きの遅い低気圧が予想されています。

この低気圧が夜にかけて、北海道・青森県付近に近づく見込みです。

 

この低気圧、ちょっと厄介ものでして、この低気圧から離れている所でも影響があります。

それは、この低気圧が上空に強い寒気を伴っているからです。

 

上空5500メートル付近は-30〜-36℃程度の寒気があるんですが、これ、真冬に流れ込んでくるようなレベルの寒気です。

ただ、地上付近はもう春の空気。※ここのところ、暖かかったですよね。

上空は真冬、地上付近は春の空気ということは、上空と地上の気温差が非常に大きくなります。

こうなると、雷雲が発達しやすくなります。

 

 

雷の発生する確率を見ると、北陸〜北海道の渡島半島付近で確率が高くなっています。

落雷に加えて、雨や雪の急な強まり、竜巻などの激しい突風、ひょうにも注意が必要です。

 

北陸から北は雨・雪の強まり・落雷・突風・ひょうに注意

5日(日)は、北日本と日本海側で天気が崩れます。

時間ごとに詳しく見ていきましょう。

 

【朝】

北海道は、道東と道北を中心に雨や雪です。

本州の日本海側の地域も、雨や山では雪の降る時間があるでしょう。

関東南部も、千葉県を中心に朝までにわか雨や雷雨の所がありそうです。

 

【昼】

北海道の道東地域は雨や雪の範囲が狭くなりますが、北陸から北の日本海側は、引き続き雨や山地では雪が降りやすいです。

急に降り方が強まるおそれもあります。

落雷や竜巻などの激しい突風やひょうにもご注意ください。

太平洋側や西日本は晴れる所が多いでしょう。

 

 

【夜】

北陸から北の日本海側や北海道太平洋側は、日中までよりも、雨や雪の範囲が広がります。

気温が下がり、標高の低い所でも、雨から雪に変わる所が出てくるでしょう。

風が強く、ふぶく所もある見込みです。

気温大幅ダウン 風も強い

朝の最低気温は、土曜朝と同じくらいの所が多いでしょう。

 

 

日中の最高気温は、土曜日より大幅に低くなります。

これで平年並みか、3月中旬〜下旬並み。

土曜日はゴールデンウィーク頃の陽気だった所が多く、暖かすぎたんですよね。

この暖かさを経験したあとで、北風・西風も日本海側中心に強いので、土曜日とより2段階くらい厚着しないとブルブルっとしてしまいそうです。

体調を崩さないように服装で調節してくださいね。

春らしく気温のアップダウン大きい

6日(月)も、北日本と北陸は雨や雪です。

7日(火)は東北〜九州は広い範囲で晴れます。

その後、8日(水)以降は雲が広がりやすくスッキリせず。

この先も春らしく、気温のアップダウンが大きいため、天気予報をこまめにチェックしていただいて、服装でうまく調節するようになさってくださいね。

-マイ天(毎日の天気予報), 天気

Copyright© 小林正寿Official Site , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.