マイ天(毎日の天気予報) 天気

【6日(月)】北日本・北陸は落雷注意 関東から西は洗濯日和

こんにちは!
気象予報士・お天気キャスターの小林正寿です。

毎日、私小林の予報をお伝えする『マイ天』。
6日(月)のポイントはコチラ!

ポイント

・北日本と北陸は雨や雪で、落雷や突風、ひょうに注意

・関東から西は晴れて洗濯日和

・一日の寒暖差大

・関東は日中ポカポカ戻る

詳しく解説します!

動きの遅い上空に強い寒気伴う低気圧

6日(月)午前9時の天気図を見ると、北海道付近には低気圧が2つ予想されています。

この低気圧、かなり動きが遅く、4日(土)から北日本や北陸に雨や雪をもたらしているものと同じものです。

 

これまでもお伝えしていますように、この低気圧、上空5500メートル付近に、真冬に流れ込んでくるような強い寒気を伴っています。

 

 

地上は春なのに、上空は冬というアンバランス状態。

空気がアンバランスになると雷雲が発生しやすくなります。

6日(月)も、北日本と北陸では落雷や竜巻などの激しい突風、ひょう、雨や雪の急な強まりに注意が必要です。

 

北日本・北陸 雨・雪続き雷にも注意

6日(月)は、引き続き北日本と北陸では雨や雪が降りやすいです。

一方、関東から西では広い範囲で晴れて、降水確率も10%以下。

洗濯日和となりそうです。

 

 

 

時間ごとに詳しく見ていきましょう。

 

【朝】

北陸から北は、日本海側を中心に雨や雪です。

北海道と東北では、市街地でも雪が降りやすいでしょう。

だいぶ湿った雪となりますので、電線着雪による停電などに注意が必要です。

また、落雷や竜巻などの激しい突風、ひょうにもご注意ください。

 

 

【昼】

北陸から北の市街地では、気温の上昇により雪よりも雨の方が降りやすいです。

内陸では引き続き雪です。

関東から西は晴れて、空気がカラッとするでしょう。

洗濯日和です。

 

 

 

【夜】

日中までと比べると、北陸から北の雨や雪の範囲は狭くなるでしょう。

 

 

雷雲接近時 危険な行動3つ
雷雲接近時 取るべき3行動
竜巻から身を守る術5つ

 

 

一日の気温差大 東京ヒンヤリ解消

朝は、日曜朝に比べて冷える所が多くなりそうです。

北日本や北陸は、風も強いので、いっそう寒く感じられるでしょう。

東京の6℃は3月下旬並みの気温で、極端な冷え込みではありません。

 

ただ、晴れる地域では、朝、洗濯物を干されるときにはちょっと手先が冷たく感じるかもしれませんね。


 

 

日中の最高気温は、日曜と同じくらいか東日本と西日本で3℃前後高くなります。

東京は日曜日中は12℃くらいしかなく、窓を開けると空気がヒンヤリと感じましたが、6日(日)はポカポカです。

晴れる地域では朝と昼の気温差が10℃以上という所が多いので、服装でうまく調節するようにしてくださいね!

 

8日(水)〜9日(木)頃はまた寒気伴う低気圧接近か

7日(火)は、北海道の雨や雪も午前中のうちにやむ所が多く、全国的に見ると晴れる所が多いです。

8日(水)〜9日(木)頃は、雨や雪のマークの付いている所は少ないですが、また上空に強い寒気を伴った低気圧が近づいてくるため、北日本や北陸を中心に雨や雪の範囲が広がったり、落雷や突風などのおそれも出てくることも考えられます。

 

天気予報をこまめに気にしておいていただければと思います。

 

今週の暖かさのピークは8日(水)頃です。

関東から西は、20℃くらいまで上がる所が多くなるでしょう。

ただ、春は一日の寒暖差が大きい季節。

体調の管理にはお互い気をつけましょうね!

-マイ天(毎日の天気予報), 天気

Copyright© 小林正寿Official Site , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.