マイ天(毎日の天気予報) 天気

【13日(金)】日中は上着いらず〜さくらもカウントダウン〜

こんにちは!
気象予報士・お天気キャスターの小林正寿です。

13日(金)は日本の北と南の地域で天気が崩れます。雷雨や大雪に注意が必要です。
そして、気になるさくらの開花ですが、東京の標本木を見てきましたよ〜。

雷雨と寒気もたらす『寒冷前線』通過

13日(金)午前9時の天気図です。

木曜日に穏やかな天気をもたらした高気圧は日本の東に離れます。

代わって、天気を崩す低気圧が北海道の北に進んできて、その低気圧からのびる寒冷前線(水色のギザギザの前線)が、日本付近を通過する見込みです。

 

 

この寒冷前線(水色のギザギザの前線)はちょっとやっかいな前線で、通過するときに、雷雨になったり、突風が吹いたりするので要注意です。

 

そして、寒冷前線の通過後は寒気が流入します。

寒冷前線とは、『冷たい空気の最前線(冷たい空気の先頭にあたる線)』で、暖かい空気と冷たい空気をわけるものです。境目に引かれる線なんです。

なので、寒冷前線通過前は暖かい南風が吹きますが、通過後は冷たい北風に変わり寒気が流入します。

北日本では、雨から次第に雪に変わってきそうです。

北と南で天気崩れる〜雷注意〜

13日(金)は、北と南で天気が崩れます。

関東〜中国四国は晴れる所が多く、スギ花粉の大量飛散に要注意です。

花粉症の方、そのご家族の方は、家に入る前に花粉をよく払うようにしましょう。

ではでは、時間ごとに詳しく。

 

【朝】

北海道は、未明・明け方頃までは雨の所が多いです。

落雷や竜巻などの激しい突風、ひょうなどに注意が必要です。

朝には、雨から次第に雪に変わってきます。

 

【昼】

午後は、北海道の雪の範囲は太平洋側が中心です。

東北北部でも、雪や雨となり、落雷などにも注意が必要です。

関東から西は晴れる所が多いですが、九州南部や沖縄は、雨の降る所があるでしょう。

沖縄は、雷を伴ってどしゃ降りの雨となるおそれがあります。

道路の冠水などにご注意ください。

【夜】

日本海側は雨や雪が降りやすいでしょう。

北日本日本海側では、大雪となるおそれや風が強くふぶくことも考えられるので、要注意です。

九州南部は雨の範囲が広がり、和歌山県などでも、雨の降り出す所があるかもしれません。

 

上着いらずの所多い〜ただし日中に限る〜

朝の最低気温は、木曜朝と同じくらいか高い所が多いです。

特に低気圧に近く、低気圧に向かう南風がしっかり入る北海道は、4月中頃の朝の気温。

北海道の方にとっては、そんなに寒くない朝になると思います。

 

日中の最高気温は、東北南部から南では15℃以上と暖かいです。

日中は上着いらずという所が多そうです。

仙台の17℃は、4月下旬並みとゴールデンウィーク頃の暖かさです。

ただ、風があるので、朝晩は空気が冷たく感じられると思いますので、上着もしっかりご準備くださいね!

調節しやすい服装がオススメです。

 

 

 

週末〜来週初めは寒の戻り

14日(土)は全国的に冷たい雨となります。

15日(日)も、このマークの見た目以上に天気が崩れる可能性ありです。

夕方以降は東北〜中国地方で、急に雷雨になったり、ザーッと強い雨が降り出すおそれがあります。

 

 

東日本と西日本の方は、そろそろ冬服を片付けたいと考えている方も多いと思いますが、週末〜来週初めは冬服の出番となるので、少しは残しておいた方が良いと思いますよ。

 

そして私、靖国神社にある東京のさくらの標本木を見に行ってきました!!

 

 

12日(木)午後2時現在の状況は、、、

 

一輪開花してました!!

※スマホだとよく撮れなかったので掲載できず。。

 

ただ、開花の発表が行われるのは、5輪以上の花が咲くことが条件。

12日(木)は、開花の発表には至りませんでしたが、咲きそうなつぼみはちらほら。

 

週末には開花の発表があるかな〜。

 

僕が所属するウェザーマップの予想は、東京はなんと13日(金)!!

 

果たして。。

 

過去最速での開花の可能性は高そうですね。

※これまでの東京の最も早い開花は3月16日。

-マイ天(毎日の天気予報), 天気

Copyright© 小林正寿Official Site , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.