マイ天(毎日の天気予報) 天気

【27日(木)】大雨と危険な暑さに警戒〜台風離れても影響続く〜

こんにちは!
気象予報士・お天気キャスターの小林正寿です。

毎日、私小林の予報をお伝えする『マイ天』!
27日(木)のマイ天はコチラ!

ポイント

・九州、四国、沖縄は、台風が持ち込んでいる非常に湿った空気の影響で大雨のおそれ。土砂災害、浸水、河川氾濫に警戒。

・関東や東海も、雨が激しく降る所がある見込み。局地的に道路冠水などのおそれ。東京や名古屋は雨マークがついていないが、雨具を持ち歩いていたほうが安心。

・危険な暑さ続く。これも台風の影響。東・西日本は最高気温35℃前後で、北陸や西日本日本海側はフェーン現象により37〜38℃程度まで気温上昇。札幌など北日本でも30℃以上の厳しい暑さ。熱中症対策万全に。

そして、今回のマイ天ポイントは、『引き続き台風がもたらす大雨と猛暑に警戒』です。

【マイ天ポイント】引き続き台風がもたらす大雨と猛暑に警戒

26日(水)15時現在、台風8号は、上から2番目のランク、『非常に強い』勢力に発達しています。

このあとは、朝鮮半島を経て中国方面に進む見込みです。

ただ、台風が日本列島の西側にある限りは影響を受け続けそうです。

その影響のひとつが大雨です。

台風が日本の西または北にあるときは、日本付近は台風に吹き込む南風が吹き続けます。

その南風によって、日本付近には大量の湿った空気の流れ込みが続くため、大雨になるわけです。

特に大雨が予想されるのは、沖縄、九州南部、四国(高知県中心)です。

湿った空気が南からダイレクトに入ってきて、しかも九州山地や四国山地で雨雲が強化されることで、より激しい雨を降らせ、それが継続してしまうためです。

下の図は、あす27日(木)18時までの24時間に予想される雨量です。※数字は各地域の多い所での予想。

関東や東海でも、南風と北風のぶつかり合いにより雨雲が発達することが考えられ、局地的に激しく降る恐れがあります。

関東から西の太平洋側では、土砂災害や浸水、河川の増水・氾濫に警戒が必要です。

崖や川の近くにお住まいの方は、早めの安全確保をお願いいたします。

台風の影響、もう一つは猛暑です。

南風により真夏の暑さをもたらす空気の流れ込みが続くため、北から南まで赤い表示、最高気温30℃以上の範囲が広がります。

特に、北陸や西日本日本海側は暑さをもたらす空気が山を越えることにより暑さが増す『フェーン現象』が発生するため、37〜38℃くらいまで上がる所がありそうです。

炎天下での外出や運動は命に関わりますので、控えるようにお願いします。

マスクが汗で口元に張り付いてしまうと、息苦しさを感じますよね。
人との距離が取れるときには、マスクを外して深呼吸してくださいね。

-マイ天(毎日の天気予報), 天気

Copyright© 小林正寿Official Site , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.