マイ天(毎日の天気予報) 天気

【6日(金)】北海道 早朝にかけて猛ふぶき警戒

こんにちは!
気象予報士・お天気キャスターの小林正寿です。

5日(木)は、北海道の道東の地域では24時間で80センチ近い雪の降っている所があり、ドカ雪となっています。また、暴風も吹き荒れ、猛ふぶきとなっています。
この大荒れの天気は、6日(金)早朝にかけて続いてしまいそうです。

暴風もたらしている発達した低気圧 次第に東へ

5日(木)正午現在の天気図を見ると、北日本付近は発達している低気圧に挟まれています。

この低気圧の影響で、北日本を中心に暴風が吹き荒れ、猛ふぶきや大雪となっている所があります。

雲の様子を見ると、北海道は広い範囲で雪雲に覆われていて、先にお話したように道東地域を中心にドカ雪となっています。

そして、日本海に注目すると、冬によく現れる筋状の雲(雪雲)がびっしりと出ています。

これは、上空に強い寒気が流れ込んでいる証拠、強い北風が吹いている証拠でもあります。

全国的に北風がビュービュー吹きましたよね。

6日(金)の天気図を見ると、だんだんと発達した低気圧は北海道の東に離れていく見込みです。

ただ、午前9時の段階で北日本付近は等圧線がかなりたくさんあるということで、北日本では風の強い状態は続いてしまいそうですね。

 

道東地域 早朝にかけドカ雪・猛ふぶき警戒

6日(金)の天気をマークで見ると、北陸や東北日本海側、北海道では雪の予報となっています。

ただ、その降水確率は午前中よりも午後の方が低くなっており、次第に雪がやんでいく見込みです。

 

 

ただ、早朝にかけては北海道の道東の地域で大雪が予想されています。

日中以降はピークは過ぎますが、雪が降り積雪が増えることに注意が必要です。

湿った重い雪なので、停電やビニールハウスや簡易な建物のの倒壊にも注意が必要です。

ふぶきによる見通しの悪化にもお気をつけください。

 

記事:雪道を歩くときのコツ~ポイントはカニとペンギン!?~

 

 

時間ごとに見ていくと、以下の通りで、関東から西の地域では広い範囲で晴れます。

5日(木)と違うのは、強い風が収まること。

洗濯物は安心して外に干せるでしょう。

ただ、風がやんでもピークを迎えているスギ花粉は大量にとびますが。。

花粉症に方、花粉症の方のご家族の方は、洗濯物を部屋干しにしたり、室内に入る前に花粉を払うなどの対策をしっかりと。

 

関東から西 風冷え収まる

朝の最低気温は、関東から西で5日(木)より2〜4℃くらい低くなります。

寒気の流れ込みや放射冷却の強まりによる影響です。

関東は、朝のうちは冷たい北風が残っているので、風を通しにくい服装で通勤なさってください。

特に、時間差出勤などで早朝からお仕事に行かれる方は、風がかなり冷たいと思います。

記事:放射冷却のメカニズム~実は身のまわりでも起こっています!~

日中の最高気温は、5日(木)と同じくらいの所が多いです。

ただ、関東から西では冷たい北風が収まるため、5日(木)より日差しの暖かさを感じられそうです。

北日本は引き続き冷たい北風が強く吹くため、風を通しにくい服装でお過ごしください。

土日は東・西日本で雨 来週は気温高い

7日(土)〜8日(日)は東日本と西日本を中心に雨となります。

来週10日(火)は全国的に雨となり、低気圧が発達しながら日本海方面に進むこともあり、風も強まって荒れた天気となるおそれがあります。

ただ、日本海に低気圧が来るということは南風が吹くということ。

この南風が来週、気温を押し上げる形となります。

桜の成長が進みそうです。

 

-マイ天(毎日の天気予報), 天気

Copyright© 小林正寿Official Site , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.