マイ天(毎日の天気予報) 天気

【4日(土)】東・西日本で大雨警戒〜先日の大雨で地盤が緩んでいる所に再び大雨〜

こんにちは!
気象予報士・お天気キャスターの小林正寿です。

毎日、私小林の予報をお伝えする『マイ天』!
4日(土)のマイ天はコチラ!

ポイント

・全国の広い範囲で雨に。

・西日本と東日本は大雨警戒。風も強く横殴りの雨になる所も。

・火曜〜水曜の大雨で地盤が緩んでいる所にさらなる大雨。一層、土砂災害警戒。

・東北も、福島県を中心にザーザー降りとなる所あり。

・ジメジメとした体感。

そして、きょうのマイ天ポイントは『再び大雨に』です。

【マイ天ポイント】再び大雨に

大雨をもたらすのは、活動活発な梅雨前線です。梅雨前線の近くは、雷雲や大雨を降らせる活発な雨雲が列をなしていると思って下さい。

ここのところの記事でも書いていますが、梅雨末期は梅雨前線の活動が活発になりやすく、大雨になりやすいシーズンです。

4日(土)の雨の予想を見ると、梅雨前線の近くや南側に活発な雨雲が集中していることがわかります。

また、午前3時の雨雲の予想で、活発な雨雲が西日本と東日本の太平洋側を中心に予想されているように、夜中の暗い時間帯にも大雨に警戒が必要です。

4日(土)18時までの24時間に予想される雨量は、このような感じです。

東海から西の太平洋側で、特に降水量が多くなります。

予想雨量を数字で見ると、四国300ミリ、九州南部、近畿、東海250ミリ、九州北部200ミリなど。

先日の大雨で地盤が緩んでいる所に再び大雨になるわけですから、土砂災害など人命に関わる自然災害が起きてもおかしくない雨量です。

また、数字の大きさだけに目を奪われないでください。普段、大雨頻度が少ない地域では、少ない雨量でも災害に繋がります。日本海側や北日本、瀬戸内地方などですね。北陸や東北でも100ミリ前後の雨量が予想されていますので、特に崖の近くにお住まいの方は注意が必要です。

現時点で、とりわけ警戒が必要なのは東海、四国、九州です。

四国と九州はお昼頃にかけてがピークと言えますが、東海は夜にかけて、日曜日にかけても、大雨による土砂災害に警戒が必要な状況が続きそうです。

梅雨末期の大雨は、これまでも多くの命を奪ってきました。

自分の命を守るためには、川や田んぼの様子を見に行くなど、不要な外出を避けること、早めに避難すること、外に避難するのが危険な場合は、崖から離れた部屋に移動して過ごすなど、家の中で安全な場所に避難する(在宅避難といいます)ことが大事です。

日曜日、そして来週にかけても、雨が続く所が多く、大雨になるタイミングもあります。
ハザードマップの確認はお済みですか?
どこに、どのように避難するか、想定できていますか?
避難グッズはお持ちですか?
いま一度、確認をお願いいたします。

-マイ天(毎日の天気予報), 天気

Copyright© 小林正寿Official Site , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.