天気 天気ニュース

晴れの貯金箱『帯状高気圧』

こんにちは!
気象予報士・お天気キャスターの小林正寿です。

さて、皆さんは、貯金箱を使って、お金を貯めてますか?
僕は、すぐに取り出しちゃうので、貯金箱は不向きです(笑)

って、きょうはお金を貯める貯金箱の話ではありません。
きょうは、天気界の貯金箱のお話。
それがタイトルにも書いた『帯状高気圧』!

『帯状高気圧』は天気界の貯金箱

 

下の天気図は、あす25日(火)午後9時の予想天気図ですが、日本海と中国に高気圧の中心があります。

高気圧といえば、晴れをもたらすものですよね。

実はこの2つの高気圧、仲が良くて、手を繋ぎ合っていて、天気を晴れにするために、協力し合っているんです。

高気圧の晴れをもたらす力の強い範囲に色を付けてみると、こんな感じ。

全国の広い範囲に、数日分の晴れをもたらしてくれるんです。

帯のように高気圧が連なっているので、『帯状高気圧』といいます。

晴れをたくさん貯め込んでいるので、小林的に言うと、帯状高気圧は『晴れの貯金箱』です!(笑)

 

わかりやすい!と個人的に思っているのですが、いかがでしょう。(笑)。

爽やか秋晴れもたらす帯状高気圧

さて、あす25日(水)からは、日本付近は晴れの貯金箱『帯状高気圧』に覆われるということで、全国の広い範囲で晴れが続きます。

だいたい、27日(金)頃にかけては、晴れる所が多そうです。

日中は、この時期としてはちょっと気温は高いものの、それでも夏とは違って空気はカラッと爽やかなので、気持ちのいい陽気になりそうです。

朝晩は冷えて一日の寒暖差大

ひとつ、帯状高気圧の注意点があります。

それは、一日の寒暖差が大きくなること。

日中は穏やかに晴れて暖かい(ときに暑く)なるのですが、朝晩は冷えます。

というのも、夜はご存知の通り太陽が顏を隠してしまうので、冷えてしまうんですね。

もっと詳しくお話しすると、日中太陽の日差しによって暖められた地上の暖かい空気が、空高い所にどんどんと逃げていってしまうからです。

これを、放射冷却と言います。

なので、日中暖かいからと言って薄着で出かけると、夜寒くて後悔するということになってしまいます。

帯状高気圧がやってきたときは、脱ぎ着しやすい服装で出かけるといいです。

 

春と秋が大好き『帯状高気圧』

いかがでしたでしょうか。

ここまで解説してきた晴れの貯金箱『帯状高気圧』は、春と秋に来やすいです。

春や秋というと、低気圧と高気圧が交互に来て、周期的に天気が変わるというのも特徴ですが、たまに、晴れを長持ちさせてくれる帯状高気圧がやってきます。

ゴールデンウィークなどにも来やすくて、お出かけを楽しまれる皆さんの味方です!

ただ、一日の寒暖差は大きくなりますので、帯状高気圧がやってきたときは、服装に気をつけて、お出かけを楽しんでくださいね!

-天気, 天気ニュース

Copyright© 小林正寿Official Site , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.