マイ天(毎日の天気予報) 天気

【12日(日)】月曜日にかけて春の嵐〜12日(日)は西日本で荒天〜

こんにちは!
気象予報士・お天気キャスターの小林正寿です。

毎日、私小林の予報をお伝えする『マイ天』。
12日(日)のポイントはコチラ!

ポイント

・関東から西は雨。

・東海から西は、太平洋側中心に雨・風強まり荒天。

・北日本は晴れる所が多いが、東北北部は局地的に雷雨のおそれ。

・雨の関東から西は、朝からあまり気温上がらず。真冬の寒さも。

・月曜日にかけ荒天警戒。月曜日は関東も雨・風強まり春の嵐に。

詳しく解説します!

低気圧急発達

12日(日)午前9時の予想天気図を見ると、九州の南に低気圧が予想されています。

この低気圧が、夜にかけて西日本の陸地に近づくんですが、急発達しながら近づきます。

このため、関東から西の地域では広い範囲で雨となり、特に東海から西の地域では、雨も風も強まって荒れた天気となるおそれがあるため、警戒が必要です。

東海から西は雨・風強まり荒天に

12日(日)は、北日本は晴れる所が多いですが、関東から西の地域は各地で雨となります。

特にどこで大雨になりそうかなんですが、下の画像をご覧ください。

こちらは、12日(日)夕方までの24時間に予想される雨の降る量です。

大雨警報レベルまでいくかどうかは微妙なところですが、間違いないのは、西日本太平洋側を中心にまとまった量の雨になるということです。

特に九州山地南東側に位置する鹿児島県・宮崎県、四国山地の南〜南東側に位置する高知県・徳島県、紀伊山地の南〜南東側に位置する三重県南部・奈良県南部・和歌山県南部で大雨となる見込みです。

土砂災害や低い土地の浸水、河川の増水のおそれがあるため、注意が必要です。

時間ごとに詳しく解説します。

【朝】

・北日本は、広い範囲で晴れている見込みです。

・西日本は朝から本降りの雨です。

・東日本も厚い雲に覆われ、関東など所々で雨が降っている可能性ありです。

【昼】

・近畿や東海でもしっかりと雨が降ってきます。

・西日本は、先に述べた九州山地、四国山地、紀伊山地の南〜南東側の地域を中心に、ザーザー降りとなる所があるでしょう。落雷や突風、ひょうにも要注意です。

・関東周辺も、雨が降りやすい状態です。

・東北北部は、雷雨や突風、ひょうに注意。

【夜】

・関東にもまとまった雨雲がかかり、夜遅くにはどしゃ降りとなる可能性があります。

・低気圧の進み方がゆっくりなので、西日本は夜にかけても雨が長引きます。

 

風も時間とともに強まるので、東海から西では横殴りの雨となり、荒れた天気となりそうです。

日中は真冬並みの寒さも

朝の最低気温は、土曜朝と同じくらいか東海から西を中心に少し高めの所が多いです。

12日(日)のポイントは、雨の降る関東から西では気温が朝からあまり上がらないことです。

雨や曇で10〜13℃くらい。

広島の10℃は真冬並みですし、そのほかの関東から西の地域も冬〜早春の寒さとなります。

これに風も加わるので、相当寒いと思います。

なので、12日(日)はますます家でじっとしていたほうがいい感じです。皆さん、生活必需品は家に揃っていますか?

13日(月)は関東など春の嵐

13日(月)は、先に解説した発達した低気圧が徐々に東日本に進みます。

ただ、この低気圧、急発達して大きさ大きいのと、動きがゆっくりなのとで、影響範囲が広いですし、長引きます。

このため、13日(月)は東北〜九州の広い範囲で荒れた天気となる見込みです。

全国的に風が吹き荒れますが、特に関東と東北太平洋側は大雨にもなり、春の嵐といった天気です。

寒いのは月曜日までで、火曜日からは暖かさが戻りそうですよ。

あ、4月12日(日)は母の誕生日でした!

-マイ天(毎日の天気予報), 天気

Copyright© 小林正寿Official Site , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.