マイ天(毎日の天気予報) 天気

【10日(水)】北日本が暑い!東北内陸は猛暑日に 札幌も30℃予想

こんにちは!
気象予報士・お天気キャスターの小林正寿です!

毎日、私小林の予報をお伝えする『マイ天』。
10日(水)のポイントはコチラ!

ポイント

・東海から西は雨。四国、九州、沖縄は大雨警戒。

・関東から北は晴れて洗濯日和。ただ、強風や一部にわか雨に注意。

・北日本が暑い!札幌30℃予想。東北内陸は35℃以上の猛暑日に。

・水曜日以降、続々と梅雨入り。西日本は梅雨入り早々大雨。金曜日にかけて大雨警戒。

詳しく解説します!

梅雨前線北上 四国・九州・沖縄で大雨に警戒

10日(水)は、梅雨前線が西日本に北上してきます。梅雨前線の活動は活発で、前線付近では雷雲が発達しやすく、大雨や落雷、激しい突風などに警戒が必要です。

水曜日18時までの24時間に予想される雨量は、多い所で、四国150ミリ、九州南部120ミリ、沖縄100ミリの見込みです。

土砂災害や浸水、河川増水・氾濫の恐れがありますので、崖や川の近くにお住まいの方は、早めの避難、もしくは崖や川から離れた部屋に移動するなどして、安全にお過ごしください。

晴れる地域も強風やにわか雨に注意

 梅雨前線の北上や湿った空気の流れ込みにより、東海から西は広い範囲で雨となります。

一方、関東から北の地域は、晴れる所が多いでしょう。 

時間ごとに詳しく解説します。

【朝】

・西日本は朝から傘の出番の所が多いです。

・特に、四国には活発な雨雲がかかり、高知県や愛媛県では、道路が冠水するような降り方をする所もあるでしょう。アンダーパスなど低くなっている所は冠水していることも考えられますので、車の運転は慎重にお願いいたします。

【昼】

・高知県付近は、引き続き雨の降り方が強いです。風が強く、雨が横殴りになるおそれがあり、見通しが悪くなることも考えられます。

・奄美、九州南部、沖縄も、雨の降り方が急に強まることが考えられるため、ご注意ください。

・関東から北は晴れる所が多いですが、関東南部や北海道を中心に風が強いのと、内陸(暗いオレンジ色の所)では一部にわか雨があるため、洗濯物はお気をつけください。

 

【夜】

・九州や近畿南部は、雨が激しく降るおそれがあります。夜中の間、大雨が予想されますので、崖や川の近くにお住まいの方は、昼間のうちに避難をするという選択も考えておいてください。

・関東は内陸や南部でにわか雨の可能性がありますので、折りたたみ傘があると安心です。

 

夜中はこのような感じです。

北日本で猛暑日のおそれ!

朝の最低気温は、火曜朝と同じくらいの所が多いでしょう。

特に西日本はジメジメとした朝です。

そして、水曜日の一番のポイントは、西日本よりも北日本の方が暑いということ。

日中の最高気温は、札幌で30℃。今年初めて真夏日になる可能性があります。

また、ここに表示のない福島県若松で36℃、岩手県一関、山形県山形、山形県米沢、福島県福島で35℃など、北日本で猛暑日が続出し、全国で最も暑くなる可能性があります。

東京都心も2日連続で30℃を超える可能性があります。

『自分だけは大丈夫』と思わずに、無理や我慢はせずに、万全の熱中症対策をしてお過ごしくださいね。

西日本は梅雨入り早々大雨に

水曜日以降は続々と梅雨入りすると見られます。

梅雨入りは気象庁が発表するもので、僕たち気象予報士には発表権限がありません。なのでいつ梅雨入りの発表があるかはわかりませんが、自分なりに考えたのが以下の通りです。

・すでに梅雨入りしているのは沖縄、奄美、九州南部、四国。

・(水)・・・九州北部、中国、近畿、東海で梅雨入り。

・(木)・・・関東甲信、北陸、東北南部、東北北部で梅雨入り。関東甲信よりも遅く梅雨入りすることが多いですが、一気に梅雨入りさせる可能性あり。

※北海道には梅雨はありません。一時的に梅雨のようになる『蝦夷梅雨』はありますが、気象庁は北海道の梅雨入りの発表はしません。

 

 

西日本は、金曜日にかけて大雨となるおそれがあります。梅雨入り早々の大雨ということで、心構えや事前の準備・備えが出来ていない方も多いと思います。いま一度、ご家族でハザードマップや避難経路・場所の確認をお願いします。頭の中で、ご自身がどのように避難するか、考えてみてくださいね。

-マイ天(毎日の天気予報), 天気

Copyright© 小林正寿Official Site , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.