マイ天(毎日の天気予報) 天気

【9日(火)】熱中症厳重警戒 九州南部〜沖縄は大雨

こんにちは!
気象予報士・お天気キャスターの小林正寿です。

毎日、私小林の予報をお伝えする『マイ天』。
9日(火)のポイントはコチラ!

ポイント

・九州南部・奄美・沖縄は大雨警戒。

・北海道〜九州北部は広く晴れる。

・熱中症厳重警戒。九州北部、西日本日本海側、関東甲信内陸で35℃以上の猛暑日の所も。

・東京都心も今年初の30℃超えに。

詳しく解説します!

九州南部・奄美・沖縄で大雨のおそれ

9日(火)は、梅雨前線の活動が活発で、梅雨前線に近い沖縄や奄美、種子島・屋久島は大雨に警戒が必要です。

また、鹿児島県の本土や宮崎県も、高気圧から吹き出す非常に湿った空気が流れ込むため、どしゃ降りの雨となるおそれがあります。

 

火曜日18時までの24時間に予想される雨量は、多い所で、鹿児島県(奄美含む)で200ミリの予想です。種子島・屋久島、奄美が中心だと思います。沖縄は150ミリ、宮崎は100ミリの予想です。

 

 

各地とも土砂災害や低い土地の浸水、川の増水に警戒が必要です。崖や川、田んぼには近づかないようにお願いします。

また、雷雲が発達しやすい状況ですので、落雷や竜巻などの激しい突風にも注意が必要です。

広く洗濯日和

北海道〜九州北部は、晴れる所が多いでしょう。

時間ごとに詳しく解説します。

【朝】

・北海道や青森県、関東では、濃い霧が出る所がありそうです。車の運転は慎重にお願いいたします。

【昼】

・東北〜九州北部は穏やかに晴れる所が多く、洗濯日和でしょう。日焼け対策はしっかりとお願いします。

・北海道は雲も出やすいですが、道南・道央を中心に晴れ間が出る見込みです。

・四国西部は、早ければお昼頃から雨の降り出す所があるため、洗濯物はお気をつけください。

【夜】

・本州付近は夜にかけて晴れますが、四国は夜、雨の範囲が広がる可能性があります。折りたたみ傘くらいは持ち歩いていたほうがいいでしょう。

月曜日より35℃以上の地域増えそう

朝の最低気温は、月曜朝より1〜3℃程度高くなる所が多いでしょう。

関東から西では、モワモワっとした朝です。

そして、日中は月曜日よりさらに厳しい暑さになる所もある見込みです。

日本海側は大幅に高くなる所が多くなりますし、東京31℃と今年初めて真夏日なりそうです。

月曜日は、久留米市(福岡)と佐賀市で今年全国で初めて35℃以上の猛暑日となりましたが、火曜日は35℃以上となる所が月曜日より増える可能性があります。

地域でいうと、九州北部や西日本日本海側、関東甲信の内陸です。

 

暑い所を色で見るとこんな感じです。

夏に流れ込むような暖気が上空に入ってくるのと、南風の影響(フェーン現象も含む)が大きいです。

 

熱中症には引き続き警戒が必要です。

意識的に水分をとる、大量に汗をかいたら塩分をとる、こまめに休憩をとる、人との間隔が空いている所ではマスクを外すなどの暑さ対策が大事ですね!

暑さのピークは水曜日にかけて

九州南部と奄美は、水曜日にかけて大雨に警戒が必要です。

水曜日以降は、全国的に雨の日が続き、今週中に続々と梅雨入りの発表がありそうです。

一方、沖縄と奄美は、今週後半にはいよいよ梅雨明けとなり、本格的に夏がやってくると思われます。

 

 

今週の暑さのピークは水曜日かけて。
ただ、木曜日以降もジメジメとした嫌な暑さが続きますので、引き続き体調管理はしっかりとしておかないといけないですね。お互いがんばりましょう。

-マイ天(毎日の天気予報), 天気

Copyright© 小林正寿Official Site , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.