マイ天(毎日の天気予報) 天気

【19日(日)】西から下り坂 九州は夜荒天のおそれ

こんにちは!
気象予報士・お天気キャスターの小林正寿です。

毎日、私小林の予報をお伝えする『マイ天』。
19日(日)のポイントはコチラ!

ポイント

・東北太平洋側は昼頃まで暴風や土砂災害警戒。

・一日中天気が持つのは、北海道と関東甲信くらい。

・午後以降、西から下り坂。夜までには西日本は広く雨。

・九州は夜、雨・風強まり荒天のおそれ。

・関東や東海、ポカポカ戻る。東京、名古屋は最高気温22℃予想。

詳しく解説します!

次の低気圧が早くも接近

19日(日)21時の予想天気図です。

東北〜九州に大雨や暴風をもたらした低気圧は日本の東に抜けますが、また次の低気圧や前線が西日本に近づく予想となっています。

しかもけっこう発達した状態で近づいてきます。

息つく間もなく、再び雨や風が強まるおそれがあります。

西から雨の範囲広がる 九州は夜荒天も

一日中天気が持つのは、北海道と関東甲信くらいだと思います。

東北付近は午前中を中心に風が強いですし、西日本も次第に天気が崩れてくる見込みです。

詳しく時間ごとに解説します。

【午前中】

・東北太平洋側は、お昼頃にかけて大雨や暴風に警戒が必要です。これまでの大雨で地盤がかなり緩んでいる所もありますので、土砂災害が発生する危険度が高まっています。危険な崖には近づかないようにお願いいたします。

・北海道や関東から西の太平洋側は、晴れる所が多そうです。

【午後】

・西から天気が崩れてきます。九州は広い範囲、中国、四国でも雨の降り出す所があるでしょう。

・関東甲信や北海道は、風も比較的穏やかで洗濯日和です。

【夜】

・西日本は広い範囲で雨で、九州や高知県、愛媛県南予では、ザーザー降りとなる所もあるでしょう。

また、西日本では風も強まってきて、九州を中心に荒れそです。

・東海も一部雨の降り出す可能性も。

・東北太平洋側は、大雨は収まるものの、海からの湿った東風の影響で、弱い雨の降りやすい状態が続きます。

関東などポカポカ復活

日中の最高気温は、日差しの戻る関東や東海は土曜よりも大幅アップ。

東京、名古屋ともに22℃まで上がる見込みです。

日中は薄着で過ごせますし、洗濯物もよく乾きそうですね。

札幌も17℃(5月中旬並み)と、季節先取りの暖かさです。

雷雲発生しやすい一週間

20日(月)は全国的に本降りの雨となります。

西日本は早朝まで、関東など東日本は午前中が雨のピーク。北日本は夜にかけて雨となります。

18日(土)のような大雨や暴風にはなりませんが、関東から西の太平洋側ではザーザーと降る時間があるため、注意が必要です。

また、東京の予想最高気温13℃など、関東は空気がヒンヤリとする一日となります。

寒暖差で体調を崩さないように要注意ですね。

21日(火)以降は、上空に非常に強い寒気が流れ込むため、あちこちで急に雷雲が発生して、雷雨となるおそれがあります。

雨マークが付いていなくても油断は禁物です。

-マイ天(毎日の天気予報), 天気

Copyright© 小林正寿Official Site , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.