マイ天(毎日の天気予報) 天気

【29日(水)】東北・北陸 大雨ピーク過ぎても災害警戒

こんにちは!
気象予報士・お天気キャスターの小林正寿です。

毎日、私小林の予報をお伝えする『マイ天』!
29日(水)のポイントはコチラ!

ポイント

・東北・北陸の大雨のピークは28日(火)夜にかけて。ただし、29日(水)も局地的に強雨・雷雨のおそれ。時間差で土砂災害、河川氾濫の発生もあり得る。安全確保続けて。

・中国・九州北部は29日(水)早朝〜昼前、岐阜県・山梨県は午後〜夜に激しい雨のおそれ。

・梅雨明けした鹿児島県など九州南部は夏空広がる。ただし夕立注意。

・東日本・西日本は熱中症警戒。関東は夜中心に、東北は昼間も長袖欲しくなる人も。

そして、今回のマイ天ポイントは、『命を守って!』です。

【マイ天ポイント】命を守って!

梅雨前線の影響で、東北と北陸では大雨となっています。

※東北や北陸で大雨になるということは、梅雨前線が北上している証拠で、梅雨も終盤に入っていることを意味します。九州北部では28日(火)に梅雨明けの発表がありました。

 

下のグラフは、28日(火)16時までの24時間に降った雨の量です。

山形県では200ミリを超えている所もあり、記録的な雨量となっています。

 

 

東北や北陸は、西日本の太平洋側と違って大雨の頻度が少ない地域です。

そのため、200ミリくらい降ってしまうと、あちこちで命に危険が及ぶ土砂災害が発生してしまうということになります。

実際、どの程度土砂災害が起こっているのかはわかりませんが、下の土砂災害の危険度分布を見ると、山形県内では濃い紫色の表示が広がっています。これは、すでに土砂災害があちこちでおこっていてもおかしくない状況であることを意味します。

この図は気象庁のホームページで見ることができ、紫色になる前に避難を完了していることが望ましいです。

特に崖の近くや山間部にお住まいの方は、赤い表示のうちに避難していただきたいです。

 

そして、川の水位も上がっています。

山形県を中心とした東北地方では紫色の表示、なんとかギリギリ氾濫せずに持ちこたえている、もしくは、場所によっては氾濫してしまっている可能性がある、という川が多いです。

皆さんのお住まいの地域を流れる川や、その上流の川はいかがでしょうか?

気象庁ホームページでご確認ください。

この大雨の原因ですが、東北付近まで北上している梅雨前線に向かって、大雨を降らせるもとになる非常に湿った空気が流れ込んでいること。

梅雨前線の活動が非常に活発になっていて、東北や北陸で大雨となっているというわけです。

 

この大雨、同じ場所で長続きしないのが救いです。

29日(水)には梅雨前線が西日本〜関東の南まで南下するため、雨の範囲も南下する傾向です。

大雨の「ピーク」という言葉を使うならば、東北と北陸の大雨のピークは今夜にかけてです。

 

ただ、29日(水)も東北と北陸に全く雨雲がかからなくなるわけではありません。

局地的に急に雷雲が発達して、雷雨になったり強い雨が降るおそれがあります。

引き続き、崖や川など危険箇所に近づかないということが大事です。

梅雨前線が南下に伴い、中国や九州北部は、29日(水)早朝〜昼前、岐阜県と山梨県は午後〜夜に激しい雨が降るおそれがあり警戒が必要です。

29日(水)18時までの24時間に予想される雨量は以下の通りです。

特に東北と北陸は、これまでの大雨で土砂災害や川の氾濫の危険度が高まっている状況で、まだ100ミリの雨が降る所があるわけですので、命を守ることを最優先とした行動を心がけるようにして下さい。

 

災害は、雨が弱まったあとに時間差で発生することもあります。
雨がやんだり弱まった後も、しばらく油断しないで。

-マイ天(毎日の天気予報), 天気

Copyright© 小林正寿Official Site , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.