マイ天(毎日の天気予報) 天気

【14日(日)】大雨範囲北に拡大 土砂災害など警戒

こんにちは!
気象予報士・お天気キャスターの小林正寿です。

毎日、私小林の予報をお伝えする『マイ天』!
14日(日)のポイントはコチラ!

ポイント

・東北〜九州の広い範囲で大雨。

・西日本の日本海側は、これまでの大雨で地盤が緩んでいる。一層、土砂災害警戒。

・最低気温高く、九州など熱帯夜の所も。夜間の熱中症も要注意。

・日中も蒸し暑い。関東も南部中心に半袖で過ごす暑さ戻る。

・来週は、前半梅雨の晴れ間&厳暑、後半梅雨空&梅雨寒の可能性。

詳しく解説します!

梅雨前線北上 大雨範囲北に拡大

土曜日は、関東から西の地域ではザーザー降りとなった所が多くなりました。

特に山陰で大雨となり、島根県では16時までの24時間雨量が200ミリに迫る大雨となった所も。

日曜日は、大雨の範囲がさらに北の地域へと広がりそうです。

梅雨前線が北上し、雨雲のもとになる湿った空気の範囲が北に広がるためです。

日曜日18時までに予想される雨量は、ご覧の通りです。

特に、日本海側で雨量が多くなる予想です。

具体的に数字で表すと、北陸や中国で150ミリの予想。

中国は山陰や山陽山沿いで特に大雨となりそうです。

山陰や九州北部を中心に、これまでの大雨で地盤が緩んでいます。雨の降り方が弱まっていても、土砂災害の恐れがあるため、油断できません。
そのほかの地域も、土砂災害、低い土地の浸水、河川の増水・氾濫に警戒が必要です。

広く雨 日本海側中心に災害警戒

梅雨明けしている沖縄を除き、全国的に雨となりそうです。

東北北部も、梅雨入りの発表がありそうですね。

雨の降り方を時間ごとに解説します。

【朝】

・関東から西の地域は雨で、特に山陰や山陽山沿いで激しく降りそうです。

【昼】

・北陸〜西日本日本海側で、道路が冠水するレベルの降り方となるおそれがあります。

【夜】

・北陸や東北日本海側で、滝のようにゴーゴーと非常に激しく降るおそれがあります。

・北海道も雨の範囲が次第に広がるでしょう。

避難経路・避難場所の確認はされていますでしょうか。
危険な状況になる前に確認しておきましょう。

夜間の熱中症にも注意

朝の最低気温は、土曜朝と同じくらいの所が多いでしょう。

関東から西では、夜、暑さで寝苦しいと感じる人もいそうな気温です。福岡や鹿児島は26℃と、熱帯夜の予想。

無理せず冷房を使ったり、寝る前にコップ一杯の水を飲むなどして、夜間の熱中症に備えてくださいね。

日中の最高気温は、関東から西では土曜日より高くなる所が多くなりそうです。かなりジメジメとした暑さだと思います。関東も南部の皆さんを中心に、半袖で過ごせる人が増えそうです。

一方、北日本は暑さが少し落ち着きそうです。

札幌は土曜日、今年初めて30℃まで上がり真夏日となりましたが、日曜日は27℃の予想です。

体調管理、食べ物の管理は引き続きしっかりと!お互いにですね。

来週は前半厳暑 後半梅雨寒か

月曜日の日中は、東北〜沖縄の広い範囲で晴れそうです。火曜日、水曜日にかけても、にわか雨の所はあるものの、梅雨の晴れ間となる所が多い予想。

その分、暑さは厳しいです。

特に月曜日は、東京で33℃、仙台で30℃、そのほかの地域も30℃以上の真夏日続出!

熱中症に警戒です。

 

一方、週後半は梅雨空が戻り、梅雨寒になる可能性もあります。

この先、気温のアップダウンが大きくなるので、体調を崩さないように気をつけたいですね。服装を気をつけたり、疲労回復をはかったりして、お互い気をつけましょう。

-マイ天(毎日の天気予報), 天気

Copyright© 小林正寿Official Site , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.