マイ天(毎日の天気予報) 天気

【13日(土)】東・西日本は梅雨空 大雨警戒

こんにちは!
気象予報士・お天気キャスターの小林正寿です。

毎日、私小林の予報をお伝えする『マイ天』。
13日(土)のポイントはコチラ!

ポイント

・東日本・西日本は梅雨空でジメジメ。関東は気温大幅ダウン。

・西日本日本海側・北陸で特に大雨警戒。

・北日本は日差しジリジリ。札幌30℃予想。熱中症警戒。

・日曜日は、日本海側中心に大雨。風強まり荒天も。

詳しく解説します!

梅雨前線活動活発

梅雨の主役、梅雨前線は、13日(土)は少しずつ北上します。

北上する理由のひとつが、熱帯域から流れ込む非常に湿った空気の勢いが強いということ。

この非常に湿った空気が梅雨前線の活動を活発化させるため、東日本と西日本では大雨となるおそれがあります。

特に大雨に警戒が必要なのが、九州北部、中国(山陰中心)、北陸です。

つまり、日本海側の地域で特に大雨に警戒が必要です。

日本海側は太平洋側に比べて大雨頻度が少ないため、太平洋側より少ない雨量でも、土砂災害が発生する可能性が高いです。

       

 

土砂災害や浸水、河川の増水・氾濫に警戒が必要です。早めの避難、家の中の安全な場所(崖から離れた部屋、2階など)で過ごすというのも、検討して下さい。

北は日差しジリジリ 東・西は雨ザーザー

北日本は、広い範囲で晴れるでしょう。日差しジリジリですので、日焼け対策は万全に。ただ、北海道は、風が強く午後からは所々でにわか雨がありそうなので、洗濯物の管理にはご注意下さい。

12日(土)に梅雨明けが発表された沖縄は、夏空が広がります。

東日本と西日本は、雨の降りやすい梅雨空となります。

雨の降り方を時間ごとに解説します。

黄緑や黄色の表示ほど、強い降り方が予想されています。

【朝】

九州北部、山陰、近畿北部は、激しい降り方です。夜中〜お昼頃にかけてが雨のピーク。

【昼】

関東甲信や東海も、朝〜昼過ぎ頃は激しく降るおそれがあります。道路の冠水などに要注意です。

【夜】

西日本は、夜にかけても雨が降りやすいです。午前中より降り方が弱まっても油断しないでください。地面に染み込んだ水はすぐには抜けません。川の水は一気に減りません。引き続き、崖や川など危険な場所には近づかないようにお願いします。

落雷や竜巻などの激しい突風にもご注意下さい。

札幌真夏日予想 北日本も厳しい暑さ

朝の最低気温は、金曜朝と同じくらいか関東から北で低め。

東海から西は朝にかけて23〜24℃くらいまでしか下がらず、寝苦しい夜となりそうです。我慢せず、冷房を使ってくださいね。

日中の最高気温は、晴れる北日本は日差しがジリジリと暑いです。札幌と青森は30℃の予想。

梅雨空の東日本と西日本は、湿気が多くムシムシジメジメとした暑さです。

関東は大幅に気温が下がり、東京は23℃。ジメジメはすると思うので、寒い感じではないと思います。寒がりの方でも長袖1〜2枚でいけるかと。朝からほとんど気温が変わりませんので、朝の体感で服装を決めて下さい。

日曜日も日本海側中心に大雨 荒天も

14日(日)も広い範囲で雨となります。北日本も曇りや雨となり、東北北部もいよいよ梅雨入りでしょう。西〜北日本の日本海側を中心に大雨となり、風も強まって荒れた天気となるおそれがあります。

来週も梅雨空が続く気配ですが、曇りマークひとつの所はちょっと怪しいです。この時期の曇りマークは、晴れにも雨にも化ける可能性があります。予報が難しく、曇マークで様子を見ることが多いんです。梅雨時は特に天気予報要チェックですね。

梅雨明け10日という言葉があり、梅雨が明けてから10日くらいは晴れが続くよという意味なのですが、沖縄・那覇はこの言葉通り、しばらく晴れて夏空が続きそうです。

-マイ天(毎日の天気予報), 天気

Copyright© 小林正寿Official Site , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.