マイ天(毎日の天気予報) 天気

【8月1日(土)】山形・福島・新潟など少しの雨でも土砂災害警戒〜東海から西は猛暑警戒〜

こんにちは!
気象予報士・お天気キャスターの小林正寿です。

毎日、私小林の予報をお伝えする『マイ天』!
8月1日(土)のマイ天はコチラ!

ポイント

・北海道、関東甲信、近畿、四国、九州、沖縄を中心に広い範囲で晴れる。

・天気急変注意。東北〜関東の山沿い、中国山地沿いを中心に突然激しい雷雨となるおそれ。狭い範囲だが降る所ではどしゃ降り。

・福島県、山形県、新潟県などではこれまでの大雨で地盤が緩んでいる。少しの雨でも土砂災害のおそれ。

・熱中症警戒。東海から西は35℃超えの猛暑の所も。北海道も30℃超えの所あり。炎天下での作業は控えて。

そして、今回のマイ天ポイントは、『少しの雨でも土砂災害のおそれ』です。

【マイ天ポイント】少しの雨でも土砂災害のおそれ

下の図は、土壌雨量指数といって、土の中に染み込んでいる雨水によりどれくらい土砂災害の危険があるかを示した図です。

31日(金)午後5時50分現在、新潟県や山形県、福島県で特に危険度が高まっていて、赤い表示、警戒レベルの所もある状況です。

28日(火)も秋田県・山形県を中心に大雨になりましたし、31日(金)も福島県や新潟県を中心に大雨になり、その影響で地盤が緩んでいます。

 

このような状況の中、8月1日(土)も東北では山沿いを中心に雷雨が予想されており、突然激しい雷雨となるおそれがあります。

 

 

地盤が緩んでいる状況ですので、少しの雨でも土砂災害に警戒が必要な状況です。

8月1日(土)の雨は突然降り出す激しい雨ですので、自治体の指示などは間に合わないかもしれません。

崖の近くにお住まいの方は、早めに、且つ、自主的に安全な場所に避難しておくことをオススメいたします。

地盤がどれくらい緩んでいるのかは目に見えないもの。
でも、今回この記事を読んでいただいた方には、土砂災害の危険度が高まっていることをご理解いただけたかと思います。
地面に染み込んだ水はなかなか抜けないもの。
どうか安全にお過ごし下さい。

-マイ天(毎日の天気予報), 天気

Copyright© 小林正寿Official Site , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.