マイ天(毎日の天気予報) 天気

【23日(土)】沖縄は大雨警戒 関東〜北日本の寒さちょっと和らぐ

こんにちは!
気象予報士・お天気キャスターの小林正寿です。

毎日、私小林の予報をお伝えする『マイ天』。
23日(土)のポイントはコチラ!

ポイント

・沖縄は大雨。土砂災害、浸水など災害に警戒。

・関東〜北日本は曇りや雨。本降りや雷雨の時間も。

・西日本は広い範囲で晴れる。

・関東や東北の寒さちょっと和らぐ。半袖はまだ早い。

・来週は暖かい日続く。

詳しく解説します!

今週の主役に動きが

ここのところお伝えしてきました今週の主役『オホーツク海高気圧(北海道の東の高気圧)』に、動きが出てきます。

これまでよりも少し東に移動することにより、今週寒かった関東や北日本に吹く風はこれまでの北風から南風に変わります。

ですので、関東や北日本の季節はずれの寒さは、解消に向かいそうです。

 

そして、沖縄付近には梅雨前線が停滞し、活動が活発です。

沖縄は引き続き大雨に警戒が必要です。

関東〜北日本スッキリせず 沖縄は大雨警戒

オホーツク海高気圧、主役を譲るわけではありません。

雨雲のもとになる湿った空気を北日本太平洋側と関東に送り続けるので、引き続き天気はスッキリせず。

北陸や北日本日本海側も、上空に流れ込む寒気の影響で、雲が広がりやすく、にわか雨の所がありそうです。

時間ごとに解説します。

 

【朝】

・関東〜東北太平洋側は、広い範囲で雨となります。パラパラでは、本降りです。

・東海や奈良県、和歌山県も、雨の降っている所があるでしょう。

【昼】

・関東〜東北は広い範囲で雨となります。東北日本海側うや北陸も、雨や雷雨となる所がありそうです。北陸は朝晴れていると思いますが、洗濯物の干しっぱなしには気をつけてくださいね。

・北海道も太平洋側の地域で、にわか雨の所がありそうです。

・西日本は晴れて、洗濯日和の所が多いでしょう。

 

【夜】

・日中までと比べると雨の範囲は狭くなりますが、関東〜北日本はスッキリせず、雨の降る所があるでしょう。

 

そして、沖縄は大雨に警戒が必要です。

ご覧のように、一日中滝のような雨が降り、土砂災害や浸水、河川の氾濫が発生するおそれがあります。

23日(土)18時までの24時間に予想される降水量は、多い所で、沖縄本島地方で200ミリ、先島諸島で150ミリの見込みです。

その後も、雨が続き、雨量はどんどん増えていく見込みです。

台風じゃないから大丈夫・・と考えず、自治体などの情報に従い、避難するようにお願いします。崖や川の近くにお住まいの場合は、より早い避難を!家の中の安全の部屋に移動するのも、避難方法のひとつですよ。

寒さ解消へ一歩前進

朝の最低気温は、金曜朝に比べて3℃前後高くなる所が多いでしょう。

日中の最高気温も、金曜日と同じくらいか3℃前後高くなる所が多そうです。

東北や関東、まだこの時期としては低めの気温ですが、寒さはこれまでより和らぎそうです。

半袖は、まだちょっと無理ですかね。

東海から西は25℃以上の夏日の所が多く、こちらは日中は半袖で過ごせる所が多そうです。

日曜日は関東・北日本など待望の晴れ 沖縄は梅雨空続く 

24日(日)は、関東や北日本も含めて広い範囲で晴れます。やや雲は出やすいですが、洗濯、ようやくできますね!

そして、来週は気温が上がり、暖かい日が続く見込みです。

沖縄は梅雨の晴れ間はいまのところ期待できず、梅雨空が続きます。

土の中から雨水がなかなか抜けず、地盤が緩み、土砂災害の危険性が高まりますので、自治体の情報や天気予報をこまめに確認するようにしてください。

当ブログや僕のTwitterでも、情報を発信していきますので、ご覧いただけたらと思います。

-マイ天(毎日の天気予報), 天気

Copyright© 小林正寿Official Site , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.