マイ天(毎日の天気予報) 天気

【13日(水)】黄砂飛来も 北陸から北は雷雨注意

こんにちは!
気象予報士・お天気キャスターの小林正寿です。

毎日、私小林の予報をお伝えする『マイ天』。
13日(水)のポイントはこちら!

ポイント

・北陸から北は、急な雷雨、突風、ひょうに注意。

・関東から西は、広い範囲で晴れる。

・全国的に西風・北風がやや強まる。

・黄砂飛来の可能性あり。

・東海・北陸・近畿・中国・九州北部は、暑さマシに。

・(金)〜(土)は広く雨で西日本は大雨も。この雨で関東も暑さ一休み。

詳しく解説します!

寒気伴う低気圧が雷雨を引き起こす

13日(水)午前9時の天気図を見ると、九州の西の海上には高気圧があり、高の高気圧が日本付近を西から覆ってくれるのですが、気になるのが、北日本付近と大陸方面にある低気圧。

実はこれらの低気圧、上空に強い寒気を伴っています。

上空に寒気が流れ込んでくると気温も下がるのですが、心配なのは雷雲が発達しやすくなるということです。

下の図は雷の発生する確率ですが、北陸から北の日本海側を中心に確率が高くなっており、急な雷雨、ひょう、竜巻などの激しい突風のおそれがあります。

関東や東北太平洋側、北海道オホーツク海側も、確率が低いながらも雷雨の可能性があるため、空模様の急な変化に注意が必要です。

北陸・北日本は雷雨注意

西から高気圧に覆われるため、西日本は広い範囲で晴れます。

沖縄本島や奄美も、梅雨の晴れ間となります。

一方、北日本や北陸は雨や雷雨の時間がありそうですし、関東も茨城県や栃木県を中心に天気が急変する可能性があります。

時間ごとに詳しく見ていきましょう。

【朝】

・西日本と東日本は、広い範囲で青空が広がる見込みです。

・一方、北海道の道東では雨の所があるでしょう。

・北陸や東北日本海側も、雨雲のスピードが早ければ、この表示のように雨が降り出している可能性があります。

【昼】

・東日本と西日本は、広い範囲で日差しが降り注ぎます。

西風や北風がやや強く吹くので、洗濯物はよくとめてくださいね。

・新潟県や東北日本海側は、雨が降りやすくなってきます。太平洋側も一部雨が降る可能性があります。

・北海道も所々で雨雲が発生しそうです。

・北陸から北では雷雨になって、急に雨の降り方が強まる可能性があるため、注意が必要です。

・関東も、茨城県、栃木県付近で雷雨になってもおかしくないです。

【夜】

・北海道オホーツク海側は雨が降りやすいでしょう。

・東北は、日中までに比べると雨が降りにくくなります。

黄砂飛来の可能性あり

13日(水)にかけて、日本付近に黄砂が飛んでくる可能性があります。

黄砂は気象衛星ひまわりで撮影することが出来まして、12日(火)15時時点のひまわりに黄砂がとらえられています。

この黄砂がどう移動してくるのかというと、こんな感じ。

個人的にはちょっと、予想がオーバーな感じがします。

現状、ここまで飛んでいないので。

ただ、気になる方や呼吸器系の病気をお持ちの方は、洗濯物は部屋干しの方がいいでしょう。

東海・北陸から西は暑さ和らぐ

朝の最低気温は、火曜朝と同じくらいか北陸から北の日本海側で2〜5℃くらい高い所が多いでしょう。

北陸から北の日本海側で気温が高くなるのは、南風が強まることと、雲に覆われて放射冷却の効果が弱まるためです。

続いて最高気温。

東海・北陸・近畿・中国では、暑さが和らぐ所が多いでしょう。

西から寒気が流れ込んでくるためです。

ただ、寒気の流れ込みが遅い東京など関東は厳しい暑さが続きます。

熱中症に、引き続きご注意ください。

(金)〜(土)は雨 西日本は大雨も

14日(木)は、高気圧に覆われて全国的に晴れるでしょう。

ただ、15(金)〜16日(土)は、梅雨前線一時的に本州付近まで北上して広い範囲で雨となります。

西日本を中心に大雨となるおそれがあるため、注意が必要な雨です。

その後、17日(日)以降もスッキリせず。

ちょっと早いですが、『梅雨の走り』と呼べるかもしれませんね。

この雨のタイミングで、暑さは少し和らぎそうです。

-マイ天(毎日の天気予報), 天気

Copyright© 小林正寿Official Site , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.