マイ天(毎日の天気予報) 天気

【17日(金)】西から雨の範囲広がる

こんにんちは!
気象予報士・お天気キャスターの小林正寿です。

毎日、私小林の予報をお伝えする『マイ天』。
17日(金)のポイントはコチラ!

ポイント

・西から天気下り坂。

・【午前中】東海から西の一部で雨が降り出す。

・【午後】九州・中国・四国・東海で雨の範囲が広がり始める。

・【夜】関東から西は広く雨。九州南部や高知県はどしゃ降りも。

・最高気温は日本海側で木曜より3〜5℃くらいアップ。

詳しく解説します!

高気圧去り前線接近 天気下り坂に

17日(金)は、はじめ日本付近は晴れをもたらす高気圧に覆われているのですが、この高気圧、あっという間に日本の東に離れていってしまいます。

代わって、席が空いた所に登場するのは、天気を崩す前線です。

西から前線がやってくるということで、西から天気が下り坂となります。

西から雨の範囲広がる

17日(金)は、東日本と西日本では広い範囲で雨となります。

降水確率をみると、確率が高いのは各地とも午後です。

北日本は、天気が持つ所が多くなるでしょう。

 

時間ごとに詳しく解説します。

 

【朝】

・晴れている所が多いです。

 

【昼】

・午前中のうちから、東海から西では雨がパラパラと降り始める所がありそうです。

・特に雨雲のもとになる湿った空気が流れ込みやすい三重県や高知県、宮崎県あたり。また、長崎県や佐賀県も、一足先に前線の影響を受け雨が降り始める可能性があります。

・関東も日中には曇ってきます。

・北日本は晴れてお洗濯日和ですね。

【夜】

・東海から西では広い範囲で雨となります。

・九州南部や高知県では、どしゃ降りの雨となる所もある見込みです。

 

 

東日本と西日本にお住まいの方は、生活必需品のお買い物などは、なるべく早い時間に済ませたほうが雨に降られずに済みますよ〜!

 

日本海側は木曜より日中暖かく

北陸は、木曜朝に比べて冷え込みが強まります。

金沢と新潟は、木曜朝より最低気温が5℃以上低くなる見込みです。

木曜朝が高すぎましたね。

そのほかの地域の最低気温は、木曜朝とだいたい同じくらいです。

日中の最高気温は、日本海側の地域は木曜より大幅に高くなる所が多くなります。

一日の気温差が13℃前後ある所が大きいです。服装でうまく調節してくださいね。

一方、西日本太平洋側は木曜より3〜4℃程度低くなる所もあります。天気が崩れるからですね。

東京は木曜と同じ16℃予想。ただ、木曜より早く曇ってくると思うので、日差しの温もりを感じられる時間は木曜より短そうです。

18日(土)は荒天警戒

19日(日)にかけて雨の範囲が広がります。

特に、18日(土)は荒れた天気となりそうで、警戒が必要です。

下の図は現時点で大雨警報が発表される可能性がある地域です。

東海や関東、東北太平洋側、福井県で、災害の危険がある雨量が見込まれています。

また、東北太平洋側では暴風にも警戒が必要です。

広い範囲で風も強まるんですが、特に危険な風が吹きそうなのが、東北太平洋側ということになります。

18日(土)は、お買い物などにも出かけないほうが安全です。生活必需品は、17日(金)のうちに揃えておきましょう。

-マイ天(毎日の天気予報), 天気

Copyright© 小林正寿Official Site , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.