マイ天(毎日の天気予報) 天気

【16日(木)】広く青空 関東周辺はにわか雨・雷雨に注意

こんにちは!
気象予報士・お天気キャスターの小林正寿です。

毎日、私小林の予報をお伝えする『マイ天』。
16日(木)のポイントはコチラ!

ポイント

・広い範囲で晴れる。

・ただし、関東や山梨県、静岡県では午後〜夜に、にわか雨や雷雨の可能性あり。

・日中の気温は、関東、北陸、東北太平洋側で水曜より低くなる。東京の最高気温は17℃予想。

詳しく解説します!

仲良し高気圧のはずが。。。

16日(木)午前9時の予想天気図です。

いきなり手をつないでいる絵が出てきて驚かれた方もいらっしゃるかもしれませんが、16日(木)のポイントはこの『手つなぎ』です。

日本海と沖縄付近には晴れをもたらす高気圧があります。

実は、この2つの高気圧、仲良しです。

手をつないでいます!

手をつないで、互いに協力して日本付近を晴れさせてくれます。

ただ、だんだんとこの高気圧は不仲に。。

手を離してしまうんです。

そうなるとどうなるか。

天気が崩れる所が出てきてしまいます。

ではどこで天気が崩れるのか、詳しく見ていきましょう。

関東周辺 にわか雨・雷雨に注意

マークを見ると全国的に晴れて、『いい天気じゃん!』という感じなのですが、東京の降水確率に注目してください。

午後は40%と高いです。

関東周辺では午後ににわか雨がありそうで、局地的には雷の鳴る所もありそうですので注意が必要です。

 

時間ごとに詳しく見ていきましょう。

【朝】

・全国的に晴れている所が多いです。

【昼】

・広い範囲で青空が広がり、洗濯日和の所がほとんど。風が穏やかな所が多いですが、新潟県など北陸ではやや強めです。

・関東の内陸や山梨県付近で雨雲が発生します。洗濯物の管理にはお気をつけください。

【夜】

・関東はあちこちで雨が降る見込みです。静岡県でもにわか雨があるでしょう。

・雷を伴って、一時的に雨足が強まる可能性があるため要注意です。

お仕事などで外出される方は、折りたたみ傘をお持ちくださいね。

関東・北陸・東北太平洋側は水曜ほど気温上がらず

朝の冷え込みは、東日本と西日本では水曜朝より和らぐ所が多いでしょう。

最高気温は、東海から西では引き続き22℃前後とポカポカです。

一方、関東や東北太平洋側は、東の海の方から冷たい空気が流れ込んでくるので、水曜日より低くなります。

東京は17℃なのでめちゃめちゃ寒いわけではないですが、仙台は一日中コートの出番ということになりそうですね。

北陸も水曜より3℃前後低くなり、こちらも一日コートが必要なくらいの気温です。

関東周辺、雨や雷雨になると急に気温が下がる可能性があるので、お仕事などで外に出られる方は、服装にお気をつけくださいね。

週末は荒天警戒

17日(金)〜18日(土)は、東日本と西日本を中心に荒れた天気となる恐れがあります。

大雨や暴風が吹き荒れる恐れがあるため、生活必需品の買い物は、早めに済ませておいていただきたいです。

また、気温の変動がこの先も激しいので、体調の管理には十分ご注意ください。

-マイ天(毎日の天気予報), 天気

Copyright© 小林正寿Official Site , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.