マイ天(毎日の天気予報) 天気

【20日(金)】三連休初日は北陸・北日本で大荒れ

こんにちは!
気象予報士・お天気キャスターの小林正寿です。

20日(金)は春分の日。三連休が始まるという方も多いでしょう。ただ、三連休初日は、北陸と北日本では大荒れの天気となりそうです。関東など晴れる地域も風が強く吹きます。
詳しく解説します。

低気圧急発達 全国的に風強まる

20日(金)は、急発達する低気圧の影響で、日本付近は等圧線の間隔が非常に狭くなります。

イコール、全国的に風が強まります。

特に、北陸と東北、北海道は、暴風警報が発表されるような危険な吹き方。

交通機関の乱れや、思わぬケガに警戒が必要です。

北陸・北日本大荒れ

20日(金)の天気をマークで見ると、関東から西は太平洋側を中心に広く晴れ。

一方、北陸から北は雨で、暴風も吹き荒れるため、大荒れとなるおそれがあります。

天気の移り変わりを時間ごとに見ていきましょう。

【朝】

・北陸や東北の日本海側、北海道は広い範囲で雨です。落雷や竜巻などの激しい突風にも要注意です。山地では湿った重い雪が降ります。

・近畿北部と山陰も、雨の所があるでしょう。

【昼】

・北陸から北は、日本海側を中心に雨や湿った重い雪。風も強いため、大きいしっかりとした傘をお持ちください。

・関東から西の太平洋側は、日差しが降り注ぎます。ヒノキ花粉も飛び始めていますので、ヒノキの花粉症の方も対策を。

【夜】

・北陸や東北日本海側は、雨や雪がやんできます。

・北海道日本海側は、引き続き雨や湿った雪。札幌など都市部は、雪の混じる時間があっても、新たに積もることはなさそうです。

気温大幅ダウン〜風も冷たく〜

朝の気温は、南風の影響で東日本と北日本で木曜朝より高め。

東京は10℃ありますが、風が冷たいと思うので、コートは必要。ダウンコートだと、日中暑くなってしまうので、スプリングコートか、薄めの冬コートがおすすめ。

日中の最高気温は、全国的に木曜より低くなります。

特に日本海側は、北風・西風による寒気の流れ込みや雨・雪の影響で、大幅ダウン。

とはいっても、10℃前後はあるので、雪の多い地域ではなだれに注意。その場に雪が多く積もっていなくても、山での雪どけにより、河川の水の量が増える恐れがありますので、注意が必要です。

晴れる関東から西の地域も、名古屋や大阪は大幅に低くなり、15〜16℃どまり。

風が強いので、日陰でじっとしていると、かなり風が冷たく感じると思います。

東京は20℃。ときおり吹く風は冷たいですが、基本的に昼間、日なたでは暖かいです。

三連休 暖かい日続く

三連休中日の21日(土)は、北日本は引き続き風が強いです。気温は東京で21℃まで上がるなど、全国的に4月並みの暖かさです。

22日(日)は、関東から西で、このマークよりも雨の範囲が広がると思います。

来週前半は、寒の戻り感があるかもしれないですが、これで平年並みの気温です。

今週が暖かすぎるのです。

でも、この暖かさを経験しているので、体感的には少しヒンヤリ感じるのかなぁ。

-マイ天(毎日の天気予報), 天気

Copyright© 小林正寿Official Site , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.