マイ天(毎日の天気予報) 天気

【8日(日)】冷たい雨

こんにちは!
気象予報士・お天気キャスターの小林正寿です。

8日(日)は、東北太平洋側や東日本・西日本で、冷たい雨となりそうです。

のんびり屋さんな低気圧

8日(日)は、低気圧が日本のすぐ南を東進するため、東北太平洋側や東日本・西日本で天気が崩れます。

しかも、この低気圧、のんびり屋さんな低気圧なんです。

というのも、日本の東にある高気圧ものんびり屋さんだから。

高気圧の動きが遅いために、低気圧も速く動くことができず、動きがのんびりなんです。

つまり、雨の降る時間が長く、関東など、一日中グズグズした天気という所もありそうです。

関東など一日中雨の所も

8日(日)の天気をマークで見ると、東北太平洋側、東日本・西日本の広い範囲で天気が崩れることがわかりますね。

降水確率も、午前・午後ともに高く、一日中天気が崩れそうだということも読み取れます。

では、時間ごとに天気の移り変わりを見ていきましょう。

【朝】

中国・四国〜関東、福島県、宮城県は朝から傘の出番です。

内陸や東北は雪の所も。

北海道の日本海側も、朝は雪が降るでしょう。

【昼】

近畿〜関東は引き続き雨が降りやすいです。

東北太平洋側は、雪よりも雨の範囲のほうが広くなってきます。

【夜】

雨の表示の所は少なくなりますが、東海や関東、東北太平洋側は、夜にかけても雨が降りやすいと思っていただいた方がいいです。

お仕事など外出の用事がある方は、傘は常に持ち歩くようにしてください。

冷たい雨+北風 冬の防寒で!

日中の最高気温は、晴れ間の出る所は7日(土)より高く、雨の降る所は7日(土)と同じくらいか低くなるという傾向。

大阪や名古屋で雨が降ってこの時期12℃といのは、かなり寒く感じると思います。

東京10℃、仙台8℃も、傘を持つ手がかじかんでしまう寒さ。

さらに北風もやや強く吹きます。

外に出られる方は、冬の防寒でちょうどいいです。

(火)〜(木)は荒天注意

この先の特徴は、春本番の気温になることと、荒れた天気になることの2つ。

荒れた天気になるのは、10日(火)〜12日(木)頃。

【10日(火)】

・全国的に南風ビュービュー。交通機関に影響が出るおそれあり。

・土砂降りの雨や雷雨。

【11日(水)】

・太平洋側は晴れる。ただ北風・西風が強い。スギ花粉大量飛散。

・気温は高いまま。雪の多い地域はなだれに注意。

【12日(木)】

・寒気流入。北日本日本海側は湿った重い雪が降る。ふぶきにも注意。

・札幌など北海道は、週前半と後半の寒暖差がとても大きい。体調管理に注意。

-マイ天(毎日の天気予報), 天気

Copyright© 小林正寿Official Site , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.