天気 天気ニュース

【ニュース】春の嵐 低気圧急発達で広範囲で雨・風強まる

こんにちは!
気象予報士・お天気キャスターの小林正寿です。

12日(日)〜13日(月)は、全国の広い範囲で雨と風が強まり、春の嵐となるおそれがあります。
詳しく解説します。

低気圧急発達〜荒天範囲広い・長引く〜

今回の天気図を見るうえでのポイントは、低気圧の動きが遅いことと、低気圧の影響範囲があっという間に広がることです。

下に並べた天気図は、12日(日)6時、その12時間後の12日(日)21時、さらにその24時間後の13日(月)21時のものです。

12日(日)6時の時点では、低気圧は九州のすぐ南にあり、それほど発達もしていません。

ただ、12日(日)21時になると、あっという間に等圧線がグルグル巻きということで、急発達します。

低気圧が急発達しながら、低気圧が西日本の陸地に近づくタイミングですね。

13日(月)21時には低気圧がさらに発達。

ただ、まだ東日本付近にあるということで動きがゆっくりです。

通常1日くらいで低気圧は日本から離れていくのですが、日本から離れるまでに2日くらいかかるのが今回の低気圧の特徴です。

 

また、低気圧が急発達するため、その影響する範囲もいっきに広がります。

赤く染めた所が低気圧の影響範囲だと思ってください。

いっきに広がり、全国の広い範囲に影響が及ぶことがわかりますよね。

ですので、13日(月)にかけて、全国の広い範囲で春の嵐となり、その影響が長引くおそれがあります。

注意ポイント

・低気圧が急発達し、影響範囲がいっきに広がる。

・低気圧の動きがゆっくりで、影響が長引く。

・全国の広い範囲で雨も風も強まり春の嵐に。

雨も風も強まる

13日(月)にかけての雨と風の予想を見ていきましょう。

水色など色のついた範囲は雨雲、矢印は風を表しています。

12日(日)は、東海と西日本で大雨や暴風に警戒が必要です。

13日(月)に日付が変わってからは、関東や東北太平洋側でも雨と風が強まり、荒れた天気となってきます。

西日本も終わりではありません。

ピークを越える所もありますが、山陰はむしろ13日(月)のほうが大雨に警戒が必要となります。

【大雨警戒】 土砂災害・河川増水・浸水のおそれ

14日(火)6時までに予想される雨量は、以下の通りです。

春らしい、まとまった雨となる所が多いですが、特に多くなりそうなのが、山陰や三重県、関東、東北太平洋側となりそうです。

多い所では、総雨量150〜200ミリ程度に達する所があると思われます。

場所にもよりますが、例えば土砂災害が発生したり、河川が増水したり(小河川は氾濫のおそれも)、道路の冠水や低い場所が浸水するようなことも考えられます。

気象庁も以下のように、大雨警報を発表する可能性を示唆しています。

注意ポイント

・春らしいまとまった雨に。

・山陰、三重県、関東、東北太平洋側中心に大雨警戒。

・土砂災害、河川の増水・氾濫、道路冠水、低い場所の浸水に警戒。

【暴風警戒】『台風みたい!』と感じるレベル

暴風にも警戒です。

西日本や東海、東北太平洋側の海沿いを中心に、13日(月)にかけて瞬間的には30〜35メートル程度の暴風が吹き荒れるおそれがあります。

『台風みたい!』と感じる方もいらっしゃると思います。

外の植木など飛ばされやすいものは、家の中に片付けておいたほうが安心です。

お仕事などで外出される方も、交通機関が乱れる可能性がありますし、何か物が飛んできてケガをするおそれがあるような風ですので、警戒が必要です。

 

不要不急の外出は避けることが大事ですね。

 

気象庁も、暴風警報発表の可能性を示唆しています。

 

 

 

注意ポイント

・西日本や東海、東北太平洋側の海沿いを中心に暴風に警戒。

・『台風みたい!』と感じるレベルの暴風。

・植木など飛ばされやすいものは片付けて。

・不要不急の外出は控えて。

 

各地のピークはいつ?

地域ごとに解説します。
ピークの時間帯など、ご確認ください。

【福岡】

・ザーザー降りのち暴風。

・13日(月)日中は雨のピークは越えるが、暴風が吹き荒れるおそれがあり危険。

・雨が弱まっても油断しないで。

   

【大阪】

・周囲の山々に守られ、大雨や暴風にはならず。

・13日(月)にかけて雨が降ったりやんだりで、強風注意。

【松江】

・大雨、暴風となり大荒れ。

・12(日)夕方以降雨も風も強まり、13日(月)にかけて災害に警戒が必要。

【東京】

・13日(月)未明〜昼頃が大雨のピーク。

・東京は風よりも雨。

・仕事で外出される方は、大きい傘必須。

・傘をさしていても濡れてしまうような雨なので、着替えやタオルがあると安心。

【仙台】

・13日(月)は雨も風も強まり大荒れ。

・飛ばされやすいものは12日(日)のうちに片付けるなど、早めの備えを。

気象庁から発表される警報や注意報などの情報、雨雲レーダーなどをこまめに確認していただいて、崖や川などの近くにお住いの方、避難に時間がかかる方は、早めに避難していただければと思います。

また、以下の記事は台風のときに書いたものですが、参考になる思いますので、一度目を通していただければと思います。

-天気, 天気ニュース