マイ天(毎日の天気予報) 天気

【21日(金)】穏やか晴れ

こんにちは!
気象予報士・お天気キャスターの小林正寿です。

21日(金)は、全国的に穏やかな天気となり、広い範囲で晴れそうです。

誰がどう見ても『晴れ』と答える天気図

21日(金)午前9時の天気図を見ると、日本のど真ん中に高気圧が予想されています。

この天気図を見て、「なんだ、あした雨じゃ〜ん」と答える人は、まずいないでしょう。

おそらく全員が「晴れる」と思う天気図ではないでしょうか。

 

ほぼ全国的に晴れ

 

21日(金)をマークで見ると、ほぼほぼ晴れマーク。

北日本方面、青森の雪マークや札幌の曇りマークが気になるところだと思うので、時間ごとに見ていきましょう。

 

【朝】

朝からよく晴れる所がほとんど。

北日本は、日本海側を中心に雲の多い所がありますが、雪が降るのはほんの一部。

 

【昼】

引き続き、広い範囲で穏やかな青空が広がります。

北日本も晴れ間の出る所が多いです。

【夜】

夜になると、ひょっとすると、宮崎県、大分県でにわか雨があるかもしれません。

心配な方は、折りたたみ傘があると安心です。

 

風は弱いですが、関東から西の地域を中心に、スギ花粉の飛散に要注意です。

東海から西では本格的に飛んできていますし、関東も多くなりそうです。

 

重ね着でうまく調節を

 

「穏やかに晴れる日の朝は冷えます」というのは、高気圧に覆われて放射冷却が強まるときの常套句。

 

でも、さすが2月下旬。

都市部では氷点下の所が少なくなってきました。

日本海側で20日(木)より冷えるものの、それでも平年並みの気温。

極端に冷える所はなさそうです。

 

 

日中の最高気温は20日(木)と同じくらいか少し高め。

日差しポカポカという所が多いでしょう。

 

一日の寒暖差が大きくなるのは、春本番が近づいている証拠。

重ね着でうまく調節なさってくださいね!

 

三連休前半は荒天に

三連休前半は荒れた天気となりそうです。

お出かけを予定されている方は、交通機関などが乱れるおそれもあるのでご注意ください。

 

【22日(土)】

  • 全国的に雨
  • 強雨・落雷・竜巻などの激しい突風に注意
  • 南風強まり、春一番となる地域も
  • 気温高く、なだれに注意

 

【23日(日)】

  • 太平洋側は天気回復も北風強い
  • 北日本日本海側は猛ふぶきのおそれ

 

【24日(月)】

  • 太平洋側は晴れて、北風も次第に弱まる
  • 日本海側の雪やふぶきも次第に落ち着く

 

 

-マイ天(毎日の天気予報), 天気

Copyright© 小林正寿Official Site , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.