マイ天(毎日の天気予報) 天気

【13日(月)】夜間の大雨警戒〜早めの避難を!〜

こんにちは!
気象予報士・お天気キャスターの小林正寿です。

毎日、私小林の予報をお伝えする『マイ天』。
13日(月)のマイ天はコチラ!

ポイント

・山陰は午前中から雨激しく。九州北部、山陽も夜には激しい雨。風も強い。

・九州北部、中国、近畿、岐阜県、長野県、北陸中心に火曜朝にかけて大雨。早めの避難を!

・関東は午後以降雨の範囲広がる。夜は本降り。

・関東から西は暑さが落ち着く所が多いが、九州は30℃以上の所多い。熱中症、食中毒など警戒。

そして、今回のマイ天ポイントは、『夜間の大雨に警戒』です。

【マイ天ポイント】夜間の大雨に警戒

今週も大雨による各種災害に警戒が必要です。

まず、月曜日と火曜日に予想される雨量は以下の2枚の画像の通りです。

これを見ると、これまで記録的な大雨により甚大な被害が出ている九州や岐阜県、長野県南部は引き続き大雨に警戒が必要なことがわかります。

加えて、これまで被害が出ていない地域でも大雨が予想されており、新たな地域での災害発生も考えられます。

特に、ふだん大雨に見舞われることの少ない地域(日本海側や瀬戸内地域)は要警戒です。

 

月曜日は、時間とともに雨の降り方が強まっていくのが特徴です。

日中は山陰で激しく降りますが、そのほかの地域は本降りではあるものの、激しくは降らない所が多いです。

ただ、夜間は大雨になります。

九州北部、中国、近畿、岐阜県、長野県南部のあたりが特に危険です。

皆さんが寝静まっている夜中に非常に活発な雨雲がかかり、朝起きたら土砂災害や浸水、川の増水・氾濫が起きていることも考えられます。

 

雨がひどくなる前の日中のうちに避難して、命を守りましょう。

 

このサイトでも、テレビでも何度も言っていますが、危なくなってからじゃ遅いんです。

 

大雨になってから避難すると、以下のようなことが考えられます。

大雨になってから避難すると・・

・【土砂災害】崩れた土砂が道をふさぎ、立ち往生してしまう。

・【浸水】水深10センチでブレーキがききにくくなり、30センチでエンジンが止まる。さらに浸水するとドアが開かなくなる。

・【河川氾濫】いっきに浸水。ガラスや流木が流れ危険。

 

危なくなってからの避難が、いかに危険かわかりますよね。

勇気を持って、早めに避難しましょう。

 

避難の際は、家のブレーカーを落とす、感染症対策グッズを避難先に持っていくなどをお忘れなく。

-マイ天(毎日の天気予報), 天気

Copyright© 小林正寿Official Site , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.