マイ天(毎日の天気予報) 天気

【25日(火)】台風8号『強い』勢力に 台風から離れていても油断禁物

こんにちは!
気象予報士・お天気キャスターの小林正寿です。

毎日、私小林の予報をお伝えする『マイ天』!
25日(火)のポイントはコチラ!

ポイント

・東北〜中国・四国は広く晴れて洗濯日和。北海道は雲多め。

・宮崎県・鹿児島県は、台風周辺の湿った空気の流れ込みにより、大雨となる所がある見込み。台風から離れていても油断禁物。

・沖縄・奄美も台風の雨雲がかかる時間あり。強風注意。

・厳しい残暑。東・西日本では35℃以上の猛暑日も。熱中症対策続けて。

そして、今回のマイ天ポイントは、『台風が離れていても油断禁物』です。

【マイ天ポイント】台風が離れていても油断禁物

台風8号は25日(火)午前3時現在、沖縄の西海上を北上中で、中心気圧は965hPa、『強い』勢力となっています。

台風の通り道にあたる海の温度が平年に比べて2〜3℃くらい高いこともあり、このあとも発達を続けながら北上します。26日(水)未明までには、上から2番めのランクである『非常に強い』勢力に発達する見込みです。

この進路を見ると、九州などからは離れて通るように見えることから、「全然影響なさそうじゃん」と思う方もいらっしゃるかもしれません。

ただ、台風というのは点ではなく面であり、中心を取り巻くように活発な雨雲や強い風の範囲が広がっていることを忘れないでください。

 

 

きょう25日(火)の雨と風を見える化してみました。

すると、台風の中心は九州や沖縄から離れた所を進む見込みですが、沖縄や奄美、九州の海沿いでは、台風に向かう南寄りの風が強く吹くことが予想されています。

また、台風中心の外側の活発な雨雲が沖縄や奄美、九州南部にかかることも予想されています。

特に雨量が多くなりそうなのが、鹿児島県大隅地域や宮崎県です。

九州山地などの山に台風に吹き込む南東風がぶつかることで雨雲が発達し、しかも、南東風が吹き続けるためにしつこく活発な雨雲がかかり続けるためです。

多い所では、あす26日(水)朝までの24時間に100〜150ミリほどの雨の降る所がありそうです。

土砂災害や浸水、川の増水・氾濫が発生することが考えられますので、台風が離れていても油断せず、崖や川の近くなど危険箇所にお住まいの方は早めの避難をお願いしたいところです。

台風の影響で、今週は厳しい残暑が全国の広い範囲で続く見込みです。
熱中症にも気をつけましょうね。

-マイ天(毎日の天気予報), 天気

Copyright© 小林正寿Official Site , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.