マイ天(毎日の天気予報) 天気

【9日(日)】東北・北陸は前線で大雨 沖縄は台風接近で雨・風強まる

こんにちは!
気象予報士・お天気キャスターの小林正寿です。

毎日、私小林の予報をお伝えする『マイ天』!
9日(日)のマイ天はコチラ!

ポイント

・東北・北陸は大雨警戒。ピークは昼頃にかけて。雨弱まった後も土砂災害・河川増水・氾濫警戒。時間差で災害も。

・台風発生が予想される。その台風が接近する沖縄は雨・風ともに強まり荒天に。土砂災害、浸水に警戒。強風によるケガに注意。

・関東から西は晴れる所が多いが、九州、四国、中国は次第に雨の範囲が広がり激しく降る所も。関東甲信、東海、近畿も山沿い中心ににわか雨あり。

・長崎は雲の多い天気。朝〜午前中は日の差す時間もありそうだが、いつにわか雨があってもおかしくない。最高気温は32℃。熱中症警戒。

・東・西日本は35℃以上の猛暑日続出。車の中や家での熱中症にも警戒。

そして、今回のマイ天ポイントは、『北は前線の大雨 南は台風で大荒れ』です。

【マイ天ポイント】北は前線の大雨 南は台風で大荒れ

タイトルの通り、9日(日)は北は前線で大雨に、南は台風で大荒れの天気となりそうです。

北とは東北と北陸のことを指し、前線に対応する活発な雨雲の流れ込みが続きます。

そして、南とは沖縄のことを指し、8日(土)18時現在、フィリピンの東にある台風の卵が、台風に発達して沖縄に近づいてくるおそれがあり、大荒れになることが予想されます。

まず、東北と北陸の大雨について見ていきましょう。

夜中のうちも秋田県を中心に活発な雨雲がかかり、大雨に警戒が必要です。

活発な雨雲は次第に南下する傾向で、大雨ピークは東北北部→東北南部→新潟県を中心とする北陸へと移る見込みです。

9日(日)18時までの24時間に予想される雨の降る量は、多い所で、東北日本海側150ミリ、東北太平洋側120ミリ、北陸80ミリの見込みです。

先月の大雨により大きな被害を受けた秋田県や山形県を中心とした地域で、再び災害が発生する恐れがあります。

まだ避難していない方は、夜間の避難は危険を伴う可能性があるため、家の中の安全な場所で過ごすようになさって下さい(崖から離れた部屋、2階など)。

また、大雨が収まったあとも、崖や川、田んぼなどには近づかないようにお願いします。

川の上流の水が一気に中・下流に押し寄せたり、時間差で土砂災害が起きたりと、災害は大雨に遅れて発生することがありますので警戒を続けて下さい。

次に台風、または台風の卵の影響が心配な沖縄方面を見ていきましょう。

朝の時点で沖縄本島地方を中心に活発な雨雲がかかり、風も強まっている状況です。

雨・風のピークは日中といえそうです。

沖縄本島地方を中心に大雨に警戒が必要ですし、特に風の強い台風中心の東側に入る沖縄本島地方や大東島地方では、強風にも注意が必要です。

台風中心(台風の卵の中心)が北に離れても、雨雲が南に残っているた断続的に雨足が強まることが考えられますし、風の強い状態も続きそうです。

沖縄本島地方では、9日(日)18時までの24時間に150ミリ以上の大雨が降るおそれがあります。

また、沖縄の広い範囲で瞬間的に25m/s程度の風(物が飛んでケガをするおそれ・お年寄りなど転倒のおそれ)が吹き荒れるおそれがあります。

沖縄に住んでいる方からすると、慣れている雨や風の強さだと思いますが、油断しないで下さい。

9日(日)は三連休中日。
ケガのないよう、気をつけてお過ごしください。
「自分だけは大丈夫」と、過信するのはやめましょう。

-マイ天(毎日の天気予報), 天気

Copyright© 小林正寿Official Site , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.