マイ天(毎日の天気予報) 天気

【7月1日(水)】関東・東海中心に大雨 静岡県は記録的な雨量のおそれ

こんにちは!
気象予報士・お天気キャスターの小林正寿です。

毎日、私小林の予報をお伝えする『マイ天』!
7月1日(水)のポイントはコチラ!

ポイント

・東海、関東を中心に大雨。静岡県は記録的な雨量に。災害に厳重警戒。

・西日本太平洋側は晴れ間出る。

・全国的に風強い。関東・東海を中心に交通機関が乱れる可能性も。

・木曜日は東・西日本で晴れて厳暑。金曜日以降は東・西日本で再び大雨のおそれ。

詳しく解説します。

【天気図】全国的に風強い 東日本中心に大雨

7月のスタートは、全国的に風が強く、また、東日本中心に大雨に警戒が必要です。

日本海には発達した低気圧が予想され、日本付近は等圧線の間隔が狭いです。このようなときは、風が強く吹きます。

また、東日本・北日本は南風により非常に湿った空気が運ばれてくるため、どしゃ降りの雨となる時間があるでしょう。特に、関東と東海で雨量が多くなり、災害に警戒が必要です。

【天気】東海・関東中心に荒天警戒

西日本太平洋側は天気が回復して晴れ間が出るものの、東日本と北日本は雨の所が多くなります。

以下、大雨が予想される東日本付近の雨の予想ですが、紀伊半島付近の雨のピークは、早朝にかけてです。東海や関東甲信は夜にかけて雨が降りやすく、活発な雨雲が断続的にかかります、午後、いったん降り方が弱まっても、油断しないで下さい。夜に再び活発な雨雲がかかる見込みです。

特に雨量が多くなるのが、静岡県を中心とした東海地方です。

火曜日からの雨量と合わせると、総雨量が500ミリを超える所もあると見られ、この時期の1か月分の雨量が、わずか2日程度で降ってしまうような所もでてきそうです。かなり危険な降り方です。

関東も、南部を中心に大雨に警戒が必要です。

土砂災害や低い土地の浸水、河川の増水・氾濫のおそれがあります。川や田んぼの様子を見に行くなどは、絶対にしないでください。崖の近くにお住まいの方は、安全な場所で過ごすようにして下さい。外への避難が危険な場合は、崖から離れた部屋で過ごすなど、できる限りの安全確保に努めること。

また、全国的に風が強いです。横殴りの雨になるため、外出の際には、レインコートやしっかりした傘が必要です。傘をさすのが危険な場合は、無理にささないようにしましょう。

また、東日本を中心に、交通機関に乱れが生じることも考えられます。暴風警報が出る可能性は高くはないのですが、例えば関東ですと、南風が吹くと東京湾付近では地形の影響で風が集合し強まりやすいです。このため、東京湾周辺の高速道路や鉄道に影響がでることが考えられます。

そのほかの地域も、海沿いを中心に風の影響が出る可能性があります。

朝は早めに起きて、天気予報や交通情報をチェックしたほうがよさそうです。
また、外出の際には、思わぬケガにも注意が必要です。

【気温】ジメジメムシムシ 

朝の最低気温は、火曜朝と同じくらいか高い所が多いでしょう。ジメジメムシムシとした朝を迎える所が多く、夜は暑がりの方は寝苦しいかもしれません。

日中もジメジメとした体感の所が多いです。

風があるだけまだマシかもしれませんが。

体調や食品の管理には十分気をつけましょう。

【週間】金曜日からは再び大雨か

木曜日は、東日本と西日本で梅雨の晴れ間となりますが、そのぶん、厳しい暑さです。

金曜日以降は梅雨空が戻り、東日本と西日本では再び大雨となるおそれがあります。

梅雨後半は大雨の季節。
気を引き締めて、自然災害から命を守る行動を心がけましょうね。
僕も、心に響く解説を心がけます。

-マイ天(毎日の天気予報), 天気

Copyright© 小林正寿Official Site , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.