マイ天(毎日の天気予報) 天気

【16日(土)】雨で暑さ収まる 九州は大雨警戒

こんにちは!
気象予報士・お天気キャスターの小林正寿です。

毎日、私小林の予報をお伝えする『マイ天』!
16日(土)のポイントはコチラ!

ポイント

・全国的に雨で暑さ収まる。一日中、長袖で過ごせる所が多い。

・九州は大雨警戒。土砂災害、浸水、河川氾濫のおそれ。川や田んぼの様子を見に行かないこと。

・九州以外にも、関東から西ではザーザー降る所あり。

・台風1号は日曜〜月曜頃に熱帯低気圧として沖縄に接近。

・梅雨の走り。来週初めにかけてスッキリせず。

詳しく解説します!

梅雨前線北上&活動活発化

16日(土)午前9時の予想天気図です。

16日(土)は梅雨前線が北上し、まだ梅雨入りしていない西日本・東日本付近にのびてきます。

梅雨前線が北上するのは一時的なので梅雨入りすることはありませんが、梅雨前線の活動が活発になるため、西日本は九州を中心に大雨となるおそれがあります。

九州は大雨警戒

全国的に雨の予報で、西日本は九州を中心に大雨に注意・警戒が必要です。

 

16日(土)18時までの24時間雨量は、以下のような予想となっています。

東海や関東でも、ザーザー降りとなる所があるでしょう。

九州は多い所で150〜180ミリと、災害が起きてもおかしくない降り方をするおそれがあります。

土砂災害や浸水、冠水、河川の増水や氾濫に警戒をお願いします。

では、時間ごとに見ていきましょう。

今回は全国的に雨なので、雨の降り方を見ていきたいと思います。

水色は雨の降り方が弱く、黄緑や黄色、赤に近づくほど強く降るという意味です。

【朝】

・関東から西の地域は、広い範囲で雨でしょう。

・九州では、道路がすぐに冠水するような降り方をする所もありそうです。

【昼】

・北日本でも雨の降り出す所があるでしょう。

・近畿南部や東海あたりでも、雨足が強まりそうです。

・なお、九州の雨のピークはお昼過ぎにかけてです。

【夜】

・西日本は雨の降り方が弱まってきますが、大雨となった所は引き続き土砂災害の危険性が高い所があると思いますし、お住まいの地域を流れる河川の上流で大雨となった場合、川が増水しているおそれがあります。

川や田んぼの様子を見に行ったりしないようにお願いいたします。

 

守れる命は、必ず守りましょう。

一日中長袖で過ごせる気温

気温の特徴は、東日本と西日本では一日の気温差が小さいということです。

 

朝の最低気温は、金曜朝と同じくらいか2〜3℃程度高い所が多いでしょう。

日中の最高気温は、金曜日より低くなる所が多く、札幌、東京、名古屋など大幅ダウンという所もあります。

16日(土)は、お掃除などでちょっと動くとジメッと感じるかもしれませんが、一日中長袖で過ごせるという方が多いかもしれません。

ただ、沖縄は例外。那覇は30℃と今年初めて真夏日になる可能性があります。

※意外と思われるかもしれませんが、那覇よりも本州付近の方が先に真夏日になりやすいんです。沖縄は海からの涼しい空気が入りやすいので、極端な暑さにはなりにくいんです。

梅雨の走りでスッキリせず

台風1号は、勢力が衰えながら北上し、17日(日)〜18日(月)に沖縄に近づく頃には熱帯低気圧に変わっている見込みです。

大荒れということにはならなそうですが、熱帯低気圧の進路によっては沖縄では雨足が強まったり、風が強まったりする可能性があるため、今後も情報チェックを忘れないようにしてください。

台風は来なくても、この先は来週はじめにかけてスッキリせず。

梅雨の走りといったところです。

19日(火)は発達しながら低気圧が近づいてくるので、全国的に風が強まったり、北陸・東北を中心に雨足が強まるなど、荒れた天気となるおそれがあります。

17日(日)は暑いですが、来週は極端に暑くなる日はあまりなさそうです。

-マイ天(毎日の天気予報), 天気

Copyright© 小林正寿Official Site , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.