マイ天(毎日の天気予報) 天気

【18日(月)】西から雨に 九州・沖縄中心に大雨警戒

こんにちは!
気象予報士・お天気キャスターの小林正寿です。

毎日、私小林の予報をお伝えする『マイ天』。
18日(月)のポイントはコチラ!

ポイント

・西から雨の範囲広がる。

・西日本は昼前後までには広く雨、東日本も夜までには雨の所が多くなる。

・九州・沖縄中心に大雨警戒。これまでの大雨で地盤が緩んでいる。いっそう、土砂災害に警戒。

・関東と北日本太平洋側の最高気温は、日曜日よりも大幅ダウン。朝から2〜5℃程度しか上がらず。

・北陸や長野県、西日本太平洋側の最高気温は、日曜日より5℃以上高くなる所も。

・今週は大雨警戒な一週間に。

詳しく解説します!

梅雨前線と元台風の力で大雨に

18 日(月)のポイントは、台風1号から変わった熱帯低気圧と梅雨前線です。

この2つが力を合わせてしまい、沖縄や奄美、九州を中心とした西日本で大雨となる見込みです。

西から雨の範囲広がる 沖縄・九州は大雨警戒

18日(月)は、西から雨の範囲が広がる傾向です。

雨の強さを、時間ごとに解説します。

【朝】

・九州は朝から雨で、鹿児島県ではこの表示より激しく降っていることも考えられます。感覚としてはザーザー降りです。

・四国も、朝から雨が降り出す所があるでしょう。

【昼】

・九州や沖縄はどしゃ降りの雨となります。

・雨の範囲は次第に広がり、お昼前後までには西日本は全域で雨となるでしょう。

・関東や東北太平洋側も、弱い雨がパラパラと降る可能性があります。

【夜】

・西日本は、高知県を中心にバケツをひっくり返したかのような雨の降る所があるでしょう。

・東海や関東も、夜には本降りの雨となってきます。

九州は、これまでの大雨で地盤が緩んでいる所があります。いっそう、土砂災害に注意・警戒が必要です。
また、そのほかの西日本太平洋側の地域も、道路の冠水や土砂災害、浸水、河川の増水等に注意が必要です。

関東・北日本太平洋側は気温大幅ダウン

朝の最低気温は、北海道で日曜朝より4〜5℃くらい低くなるでしょう。

日中の最高気温は、北日本太平洋側や関東は、日曜日より大幅に低くなりそうです。朝から2〜5℃くらいしか上がらなそうです。

厚い雲に覆われることと、海から涼しい風が吹いてくることが原因です。※吹き方は弱い。

一方、北陸や西日本の日本海側は、日曜日より5℃以上高くなる所もあるでしょう。

金沢は9℃高い26℃と、夏日になる予想です。

大雨警戒な一週間

今週は大雨に警戒が必要な一週間となりそうです。

関東や東海は19日(火)、東北は19日(火)〜20日(水)、沖縄・奄美は21日(木)〜22日(金)に、大雨となるおそれがあります。

まだ雨のシーズンに入りかけで、災害対応に不慣れな時期でもあると思います。

気を引き締めて、災害から命を守りましょう。

厳しい暑さの日はなく、この時期らしい気温の日が続きそうです。

特に関東から北の地域は、半袖の出番はほとんどないかもしれません。

-マイ天(毎日の天気予報), 天気

Copyright© 小林正寿Official Site , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.