マイ天(毎日の天気予報) 天気

【14日(金)】お盆休み中も熱中症に警戒続けて 土日は40℃超えの可能性も

こんにちは!
気象予報士・お天気キャスターの小林正寿です。

毎日、私小林の予報をお伝えする『マイ天』!
14日(金)のマイ天はコチラ!

ポイント

・北海道と東北北部は午後以降本降りの雨。一部激しく降る所も。風も強いためしっかりした傘・レインコート必要。土曜日にかけて土砂災害、浸水、河川増水に警戒。

・東日本と西日本は夏空。内陸山沿い中心に夕立あり。急な激しい雷雨に注意。洗濯物干しっぱなしNG、雨具の準備を。

・熱中症厳重警戒。東北〜沖縄は広く30℃以上。関東から西は35℃以上続出。静岡県、岐阜県、高知県、宮崎県などで38〜39℃くらいまで上がる所もありそう。家や車の中でも熱中症対策しっかりと。

そして、今回のマイ天ポイントは、『一日中熱中症に警戒なお盆期間』です。

【マイ天ポイント】一日中熱中症に警戒なお盆期間

お盆休みのかたも多いと思いますが、今年のお盆はコロナの影響で思うように親戚周りをできなかったり、実家に帰ることが出来なかったりと、これまでに経験のないようなお盆になっていますよね。

暑さの方も、いつものお盆とは違った暑さとなっている所が多くなっています。

違った暑さというのは、気温自体が平年の値より高い(梅雨明けが遅れた分、盛夏が少し遅れてやってきている)、そして、マスクをしていることにより体感的にものすごく暑いという、2つのことをさしています。

 

あす14日も、一日中、熱中症に警戒が必要という所が多いです。

 

東京の時間ごとの気温の変化を見ると、30℃以上の時間帯は9時頃〜18時頃とおよそ9時間。厳しい暑さの時間帯が長いです。夜には30℃を下回るとはいえ28℃前後ありますから、相当寝苦しい夜になることが予想されます。

 

全国的に時間ごとの気温の変化を見ても、関東から西の都市部や市街地を中心にオレンジ色の表示、25℃以上の所が多く、これは夜間も25℃を下回らない熱帯夜になるであろうことを意味します。

そして、午前9時には赤い表示、30℃に達する所も多いですね。内陸山沿いよりも海沿いの地域のほうがハイペースで気温が上がっていきます。

そして、日中の最高気温は広く30℃以上となり、紫色の表示、35℃以上の猛暑日も東日本と西日本の太平洋側を中心に続出しそうです。

日が沈む頃まで30℃以上という所も多く、夜にかけても冷房をしっかり使うなど、熱中症対策を続けてください。

土日はさらに暑さが厳しくなります。

東京は35℃、大阪は37℃、名古屋は38℃。

海沿いの都市部でこの気温なので、東日本と西日本の内陸では40℃を超える暑さとなる所もあると考えられます。特に岐阜県の岐阜市、多治見市、美濃市あたりで可能性が高そうです。

炎天下だけでなく、車の中や家の中でも万全の熱中症対策をお願いします。

-マイ天(毎日の天気予報), 天気

Copyright© 小林正寿Official Site , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.