マイ天(毎日の天気予報) 天気

【18日(土)】東海・関東は早朝〜朝に激しい雨のおそれ〜北陸も昼頃から激しい雷雨〜

こんにちは!
気象予報士・お天気キャスターの小林正寿です。

毎日、私小林の予報をお伝えする『マイ天』。
18日(土)のマイ天はコチラ!

ポイント

・東海、関東南部、伊豆諸島は、早朝~午前中に道路冠水レベルの激しい雨の所も。

・九州(南部中心)、東日本・東北は、日中以降も雨降りやすい。中国山地沿いも午後は急な雷雨注意。

・記録的大雨により被害が大きい地域は、崖などに近づかず安全な場所で過ごして。

・東・西日本は蒸し暑い。

・北海道は広く晴れて厳しい暑さ。上川・オホーツク海側などで30℃超えも。

そして、今回のマイ天ポイントは、『週末の天気』です。

【マイ天ポイント】週末の天気

この土日も、梅雨前線が日本付近に停滞したままです。

 

このため、梅雨のない北海道は晴れますが、そのほかの地域は曇りや雨の梅雨空の所が多いです。

 

この土日の注意点を2つ挙げるとすると、ひとつが、土曜日に北陸付近で激しい雷雨になるおそれがあること。

下の画像は雷が発生する確率を表したものですが、北陸付近はピンク色の表示となっており、確率が高く予想されています。

お昼頃からはあちこちで急にどしゃ降りの雨となり、落雷や竜巻などの激しい突風のおそれもあるため、注意が必要です。

 

もうひとつが、東海や関東南部で雨量が多くなるおそれがあるということ。

下の画像は土日に予想される降水量を表したものですが、特に静岡県で多く予想されています。

この降水量の予想はメッシュ状(格子状に区切った面)に予想されているもので、簡単に言ってしまうとざっくりと予想されているものです。

実際にはその地点その地点、こまかい『点』で降るわけですので、この予想より多く降る所も出てくると思います。

この予想では伊豆半島で赤い表示、土日で100〜150ミリの予想になっていますが、実際は150ミリ以上の所があってもおかしくないと考えています。

浸水や土砂災害、河川の増水に警戒が必要となりそうです。

梅雨はなかなか明けそうになく、来週も梅雨と付き合っていくことになりそうです。
さらなる災害が起きないことを、願うばかりです。
今週もお疲れさまでした!

-マイ天(毎日の天気予報), 天気

Copyright© 小林正寿Official Site , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.