天気 天気ニュース

三連休直撃 台風17号情報

こんにちは!
気象予報士・お天気キャスターの小林正寿です。

あす21日(土)からは三連休ですが、お出かけにはあいにくのお天気となりそうです。
というのも、きのう19日(木)15時に発生した台風17号の影響を全国の広い範囲で受けそうなんです。
この記事では、台風17号の情報を、簡単に解説させていただきます。

大きい台風17号

台風17号、20日(金)9時の時点で、沖縄の南にあります。

この台風17号の特徴は、サイズが大きいということ。

黄色い円、風速15メートル以上の強風域に注目すると、すでに沖縄は強風域に入っていることがわかります。

この強風域、大体、東北~近畿地方がすっぽり入ってしまうほどの大きさがあります。

このあと、さらに発達しながら北上し、赤い線、暴風警戒域が予想されているように、風速25メートル以上の暴風域も伴うようになります。

そして、北海道付近に達する頃には温帯低気圧に変わる見込みですが、これは全く安心情報ではありません。むしろ、温帯低気圧に変わっていくと、強風域が大きくなることがあります。

また、台風中心の右側というのは、雨や風がいっそう強まりやすい範囲なのですが、この台風17号、日本を大回りするかたちで北上しますので、この位置関係だと、日本列島は広く台風中心の右側に入ってしまうことになります。

すでに大型で、さらに強風域が大きくなるおそれがある、強風域よりさらに風が強い暴風域も伴うようになる、雨・風がいっそう強まりやすい台風中心の右側に全国の広い範囲が入ることを考えると、この三連休は各地で荒れた天気が予想されることがわかりますよね。

広く荒天に

先に解説させていただいたように、三連休は全国の広い範囲で荒れた天気となるおそれがありますが、荒天の程度に差はあります。

どこでいつ荒天になるのか、特にどこが危険なのか、見ていきたいと思います。

沖縄は21日(土)にかけて、大荒れの天気が予想されます。

最も風が強く吹き荒れるのは、沖縄だと思います。

特に21日(土)朝から風のピークを迎えますので、不要な外出は控えるようにしてください。

思わぬケガをするおそれがあります。

東日本と西日本も、21日(土)朝までには台風の北側にある前線の雨雲が広くかかります。

台風への備えは、きょう20日(金)のうちにお願いいたします。

九州を中心とする西日本は、22日(日)が大荒れのピーク。

夜中から荒れてくるおそれもあるため、早めの避難をお願いいたします。

関東も雨続きの三連休になりますが、極端な大雨になることはなさそうです。

ただ、22日(日)を中心に本降りになりますし、23日(月)は、東京湾付近を中心に南風が強まりそうです。

台風15号の影響残る千葉県も南風強まる

先日の台風15号のときのような記録的な暴風は吹きませんが、被害が残っているなかで台風がやってくるため、いつも被害が出ないような強さの風でも、新たな被害が出てしまうおそれがあります。

例えば、屋根のビニールシートが強風により飛ばされてしまう、ビニールシートを押さえている土嚢袋や重石などが飛ばされ、窓ガラスが割れる、ケガをする、雨漏りする、など。

被害が大きい家にお住いの方は、避難を考えるなど、安全な場所でお過ごしいただければと思います。

 

台風対策については、以下の記事の後半に書いてありますので、参考にしてください。

↓↓↓

急激荒天もたらす台風15号直撃へ

-天気, 天気ニュース

Copyright© 小林正寿Official Site , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.