マイ天(毎日の天気予報) 天気

【8日(水)】『うちの地元は大丈夫。』は通用しない 被害拡大・新たな地域での災害に厳重警戒

こんにちは!
気象予報士・お天気キャスターの小林正寿です。

毎日、私小林の予報をお伝えする『マイ天』。
8日(水)のマイ天はコチラ!

ポイント

・九州は(火)夜〜(水)朝に再び大雨。被害拡大のおそれ。命を守るために安全確保を。

・中国・四国〜東北も大雨。土砂災害・浸水・河川氾濫などのおそれ。いままで何でもなかった地域も他人事ではない。

・この先も雨続き。激しく降るタイミングも。九州中心に来週にかけても危険な状態。

・時間差で災害発生も。雨弱まっても危険箇所に近づかないで!

そして、きょうのマイ天ポイントは、『被害拡大のおそれ、新たな場所で災害発生のおそれ』です。

【マイ天ポイント】被害拡大のおそれ、新たな地域で災害発生のおそれ

大雨特別警報が発表された九州地方では、降り始め(先週2日(木)頃)からの雨量が800ミリを超えている所があります。

平年の7月の1か月分の雨量どころか、たった5日ほどで平年7月の1か月分の雨量の2倍以上の雨量となっている所もあります。

 

相当な量の雨が降ったことにより、ニュース等で報道されているように九州地方では甚大な災害が発生しており、亡くなられた方もでています。

しかし、大雨はまだまだ終わりそうにありません。

火曜夜〜水曜早朝は、九州の広い範囲でかなりの大雨が予想されています。

夜間の暗い時間帯であるということ、地盤への相当緩んでいること、川の水位が上がっていることを考えると、極めて危険な状況です。

避難が住んでいる方は安全な場所にとどまって下さい。避難が済んでいない方は、明るいうち、大雨になっていないうちに避難するか、自宅で安全確保をはかってください。

 

九州でまだ被害が出ていない地域の方へ。

『いままで生きてきて地元で災害などなかった。だから地元は大丈夫』。

これは通用しません。

このセリフ・思い込みが命取りです。

いままでとは全然違う事が起きていると思って下さい。災害の範囲が拡大することが考えられます。

命を守りましょう。全力で。

大雨は九州だけではありません。

東北〜中国・四国にかけても非常に活発な雨雲がかかり、災害が発生するおそれがある雨量となる恐れがあります。これまでなんでもなかったとしても、他人事ではありません。新たな地域で、災害が発生するおそれがあります。

命を守るために、早めの避難を心がけて下さい。

 

以下、8日(水)18時までの24時間に予想される雨量です。

 

9日(木)にかけても雨量が増えます。

 

九州では降り始めからの雨量が1000ミリに達する所があるとみられ、大規模な土砂災害である『深層崩壊』が発生することも考えられます。

雨が弱まっても、崖には絶対に近づかないでください。

時間差で土砂災害が発生する可能性があります。

時間差で発生するのは土砂災害だけでなく、川の氾濫もありえます。

上流で水位が高くなっていれば、時間差で中・下流の水位が高くなることがありますし、上流で土砂ダムができていた場合、それが何かのきっかけで崩壊し、いっきに中・下流に土石流が押し寄せることも考えられます。

 

雨はなかなか終わりが見えず、断続的に激しい降り方をするおそれがあります。

一時的に雨の降り方が弱まったとしても、油断は絶対にしないで下さい。
特に大きなダメージを受けている九州の方。
危険な状態が来週にかけても続くと思って下さい。
僕も一生懸命、命がけで情報を発信いたしますので、一生懸命、命を守ることだけを考えてください。
ともに乗り越えましょう。

-マイ天(毎日の天気予報), 天気

Copyright© 小林正寿Official Site , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.